当サイト案内

DMMの配信サービス

DMM TV

DMM TVの詳細をみる

無料期間内に解約すれば料金かからずお試し可

カテゴリーから探す
マニオ
サイト管理人
漫画とアニメを語るためだけに作った完全趣味サイト。

【鬼滅の刃 つまらないし面白くない理由】アニメと漫画を全部見た感想

当ページのリンクには広告が含まれています。
鬼滅の刃レビュー

DMMの配信サービス

DMM TV

DMM TVの詳細をみる

無料期間内に解約すれば料金かからずお試し可

「鬼滅の刃」ブームが異常なので、今(2019・12月)になってようやくアニメ全部見て、漫画も既刊(18巻19巻20巻21巻→22巻→23巻)まで読んでいる。

当方は普段からアホみたいに漫画を読んでる30過ぎのおっさんだ。
ぶっちゃけ最近はジャンプ系を読む機会はほとんどない。
ただワンピースの不敗神話を破ったってんでどんなもんか見とくかなと。
参考:中国サイト「捜狐(そうふ)

まず「U-NEXT」でアニメを見ていたんだが、しょっぱなから全然面白くなくて、いつ盛り上がるのかなぁと思っていたら26話終わっていた……。

続きは漫画の「7巻〜」だったので、最新刊まで読んでいるものの……う〜ん、つまらない。
「これ社会現象になるほど面白いか?」ってのが正直な感想だ。

このままほっておくと、あまりにもハマらなすぎてゲロ吐きそうなので
何でハマらないのか?どこが面白くないのか?
を一度しっかり考え、吐き出しておこうと思う。

マニオ

記事下のコメント欄では、中学生〜アラフィフまで10名100名200名300名400名500名→600名以上から様々なご意見をいただいている。
(管理人もできる限り返答)
あなたも何かあればお気軽にコメントしてくれ。

★ネタバレゴリゴリ含む★※19巻までの内容
当記事は鬼滅ファンの方には何のメリットもございませんので、読む場合はご注意くださいませ〜。
☆追記:2020年11月☆
文章が読めない(意味が伝わらない)一部の方向けに本文に大幅な修正(さらに分かりやすいように)を加えた。

鬼滅の刃11巻
  • 作者:吾峠呼世晴
  • 出版社:集英社
  • 掲載誌:週刊少年ジャンプ
  • 発売日:2016-06-02
  • 完結:23巻
  • カスタマーレビューをみる

DMMブックス|キャンペーン情報

初回限定90%OFFクーポン

最大74%ポイント還元作品をみる

2024年5月20日 16:59まで

初回クーポンと併用可能

\電子マンガ読むならココ一択!!/

目次

DMMの配信サービス

DMM TV

DMM TVの詳細をみる

無料期間内に解約すれば料金かからずお試し可

ジャンプ黄金期を読んできた人はつまらないと思う

週刊少年ジャンプとは、集英社が発行している日本一の漫画雑誌である。
現在は月間200万部を割っているが、全盛期は650万部を超えるほど世の少年たちに夢を与えていた。

参考:日本雑誌協会・印刷部数公表

それゆえ当たった作品はとてつもない爆発力を持ち、一気に売れる傾向がある。
とうぜん競争率も高く、ジャンプで長期連載ちょうきれんさいできるのは選ばれし天才漫画家のみ。

その上で4年以上一度も休載することなく、描き続けてきた吾峠呼世晴ごとうげこよはる」先生は、紛れもない天才だ。
ただ単に俺がハマらなかっただけというのは重々ご承知しょうちいただきたい。

そんなマンガ界最強ジャンプは、過去に超弩級ちょうどきゅうの名作を数々生み出してきた。

ジャンプ黄金期漫画の一部
  1. こちら葛飾区亀有公園前派出所
    (200巻|完結)
  2. 北斗の拳(27巻|完結)
  3. ドラゴンボール(42巻|完結)
  4. SLAM DUNKスラムダンク
    (20巻|完結・電子書籍未対応)
  5. 幽☆遊☆白書ゆうゆうはくしょ(19巻|完結)
  6. ジョジョの奇妙な冒険
    (シリーズ120巻以上|連載中)
  7. ろくでなしBLUESブルース(25巻|完結)
  8. るろうに剣心(28巻|完結)
  9. ONE PIECEワンピース(95巻|連載中)
  10. NARUTOナルト(72巻|完結)
  11. BLEACHブリーチ(74巻|完結)
  12. 銀魂(77巻|完結)

黄金期の定義は、売上部数だけでなく、各々の青春時代の作品だと思っている。

上記はあくまで一部だ。
もちろんストーリーやジャンルはバラバラなので、本題の「鬼滅の刃」と単純な比較はできない。

しかし、このあたりを読んで大人になった俺の大脳皮質だいのうひしつには、これらの記憶が深く刻み込まれている。

そうした無意識化の記憶が「ストーリー・構成・キャラ設定」などを点と点で結んでしまい、浅く、物足りないと感じてしまったわけだ。

後述こうじゅつするが、ジャンプっ子にとって鬼滅は特別変わった設定でもなく、むしろ今までのジャンプ作品をうまく組み合わせている。

ソースが消されてしまったが、2019年鬼滅絶頂時の「news zero」インタビューを見ていると、流行りの火付け役になったのは30〜40代の女性だ。
おそらく少年誌をガッツリ読んでいた層は少ないだろう。

またストーリー構成は浅いほど、誰でも理解しやすい。
この点に関していえば、今の子供たちにウケる内容と言える。

なぜなら、現代っ子は全体的に「読解力どっかいりょく」が落ちてきており、漫画といえどあまり複雑な話を好まない(理解できない)傾向があるからだ。

参考:AIvs.教科書が読めない子どもたち

こういった点を考慮すると、時代をとらえた作品とも言えるだろう。

もしこれが作者や編集者のマーケティング戦略だとすれば、自分を含め、ジャンプ黄金期を熟読してきた男性層はターゲットから大きく外れており
「つまらない、面白くない」と感じてしまうのもいたし方ないと思った。

なぜストーリー構成が面白くないと感じたのか?

鬼滅の刃

鬼滅の刃」の基本構図は「人間」VS「鬼」
主人公「炭治郎たんじろう」の一家はある鬼に惨殺ざんさつされるも、妹の「禰豆子ねずこ」だけが鬼化して生き延びる。
その妹を人間に戻すために奮闘ふんとうする物語。

で、面白くない一番の理由は、総じて主人公に都合が良すぎるから。

例えば妹の話1つとっても、人間に戻すことが最終目的ならば、それまでの困難こんなん逆境ぎゃっきょうの総合値に応じて、戻った時に感動を覚えるものだ。

ところが本作は最初の方に少し暴れるだけで、そこから2年間眠って、起きたらある程度の理性を取り戻している。

基本的に他の鬼は人間を喰うか、殺すことしか考えていない。

その理由が

2年間寝ている間に鱗滝うろこだきってジジィが「暗示」をかけた。

「人間は皆お前の家族だ、人間を守れ、鬼は敵だ」
「人を傷つける鬼を許すな」

人を喰う代わりに眠ることで体力エネルギーを回復。

※つまり鬼になってから数年以上何も喰わずに過ごしている。

人を喰わないように竹の口枷くちかせをしている。

※呪印とかがあるわけでもなくただの竹。

はっ?こんなヌルい設定で人間に戻したとして、読者はどこに何を感じればいいわけ?

第一話では、今にも人を喰い殺しそうな目つきと風貌で「おっいいね〜」と観ていたが……

禰豆子(ねずこ)

その後の「禰豆子」はこんなに可愛くなってしまう……。

禰豆子(ねずこ)

オイオイオイ、可愛さとかいらないんだよー、最初の狂った禰豆子はどこいったんだよー。

鬼になってから喋ることはできなくなったが、ジェスチャーでやりとりできるほど……(後々少し話せるようになる)

俺的には、もっと日常的に妹が暴れて「炭治郎」をボコボコにするとか、キーマンの人間に襲いかかってしまうとか、最悪喰っちゃうとか、そういった生き地獄エピソードが欲しいわけ。

そうじゃないと「妹を人間に戻す」っていう本題の軸がズレて大変さとか辛さがまったく伝わってこない。

マニオ

この先”人間に戻るにしろ””死ぬにしろ”そこまでの過程がヌルゲーなんだから、感情移入できねーって。

こんなのは氷山の一角で、とにかく全体的にストーリーが練りこまれていないし、ミラクルビーチフルスーパーバリバリご都合主義だから面白くないと感じた。

※俺が本当に面白いと思った鬼マンガはこれ。

全キャラの過去篇が浅いので全く共感できない

面白い漫画の過去篇は必ずといっていいほど盛り上がる。
なんなら本編を超える話も往々にしてあるものだ。

鬼滅の刃に出てくる鬼は元人間であり、事情があって鬼になったパターンが多い。
「柱」になるような奴らも皆何かしら抱えているが、どいつもこいつも話が浅すぎる。

例えば「鬼殺隊」最強の男「悲鳴嶼 行冥ひめじま ぎょうめい」の過去は……

盲目もうもくの優しいガリ男が身寄りのない子供9人を寺で育てている。
血のつながりはなくとも本当の家族のように暮らしていた。

ところがある日、言いつけを守らず夜になっても寺に戻らなかった1人が鬼につかまってしまう。
その子は保身のため他の家族を喰わせることを約束。その夜、鬼に襲撃され結局1人しか助からなかった……。

信じていた子供に裏切られたのも辛いだろうし、目の前で子供たちが殺されていくのもこくだと思う。
しかし、1人だけ助かった理由が「悲鳴嶼ひめじま」がキレて夜明けまで鬼を殴り潰し続け、朝日を浴びて消滅したからなのだ。

基本的に鬼のスペックは人間をはるかに凌ぐ。

そして救った子供は4歳だったので混乱し、駆けつけた大人に「みんなあの人が殺した」と言ってしまう。
子供たちの亡骸なきがらだけを見た人々は「悲鳴嶼」が殺したと思い投獄されてしまったって話。

マニオ

え?ちょ待って?目が見えず喧嘩もしたことねー男がいきなり鬼に勝っちゃうの?しかも素手で?1mmも共感できねーわ。
あと最初から盲目設定は無理があるだろ。
そこは鬼と戦って目潰されたってことでよくねーか。

実は似たような話が「るろうに剣心安慈あんじ和尚の過去篇だ。

安慈もまた、身寄りのない子供を自分の寺で預かり、面倒を見ている。
「仏様はいつも私たちを見ている、だから祈ろう」とニコニコしている優しい僧侶だった…。

安慈(あんじ)
©るろうに剣心|13巻

ただ当時は廃仏毀釈はいぶつきしゃくにより、仏教とかやってる奴は殺すぞ?寺とか壊すぞ?的な感じだったので、このお寺は村長からマークされていた。

そんなある日、村長から直々に村から出ていくように言われ、移住を余儀なくされてしまう。

その帰り道、村長の付き人が
相手はボロ寺の貧乏坊主と小汚ェ親無し共、どんな風に扱ったってどこからも文句出ねェっしょ
とか言い出し、子供達が寝ている夜更けに寺に火を放つ鬼畜きちく所業しょぎょうを決行。

ちょうどこの時「安慈あんじ」は滝行中で、気配を感じ急いで戻るも、寺の入り口付近で頭を殴られ気絶してしまう。

うすれゆく意識の中
御仏みほとけよ…この子達こたちはこれまでずっとつらおもいをしてきた…どうかこれからは幸多さちおお未来みらいを…どうかこの子達こたち御加護ごかご
と必死に願った……。

しかし朝方意識を取り戻すと、寺は全壊ぜんかいし、子供達は全員焼死しょうし
「…何故?何故この子達を見捨てたもうた……」
と初めて仏像を殴りつける。

そして、祈りや願いなどでは誰一人救えないことを実感し、ブチギレて優しい和尚から仏の道を外れた「破戒僧はかいそう」となり復讐を決意。

安慈(あんじ)
©るろうに剣心|13巻

そこから5年修行をして、火を放った奴らを皆殺しにする。
この頃にはガタイも2倍くらいになって、人間の頭を素手で潰せる怪力および、対象物に高速の二撃目を加える破壊の極意「二重ふたえの極み」を会得していた。

たぶん修行して1年も経つ頃には皆殺しにする力はあったと思う。でも5年なんだよな。
子供達を殺された傷はそんな簡単に癒えないだろうし、己の甘さを完全に消しさり「破戒僧」になってから復讐を果たしに行っている。

るろうに剣心1巻
  • 作者:和月 伸宏
  • 出版社:集英社
  • 掲載誌:週刊少年ジャンプ
  • 発売日:1994-09-30
  • 完結:28巻
  • カスタマーレビューをみる

DMMブックス|キャンペーン情報

初回限定90%OFFクーポン

最大74%ポイント還元作品をみる

2024年5月20日 16:59まで

初回クーポンと併用可能

ブチギレたからって急に強くなったりしないし、想像を超える悲劇ひげきに襲われれば、修羅の道にちてしまうほど人間は弱い生き物なんですわ。

これくらいの背景をしっかり描くからこそ、読者は共感し心動かされるわけだ。

悲鳴嶼ひめじま」の話に戻すが、もとから強い奴が筋トレして、さらに強くなりましたってエピソードの何がおもしれーの?
最強のキャラがそんな雑な設定でいいのかよ。
もっと地獄を乗り越えてこいやと。

こんな感じで鬼ふくめ主要キャラの薄い過去篇を一人一人やってしゃくを取る割に、結局この物語に真の悪党はいないんでっせ〜風に持ってかれるので、ストーリーに緩急かんきゅうがない。

せっかく良い食材を見つけても、最後は全部カレーの具材としてぶっ込んじゃうわけ。
こちとら100g1万円の肉を味わいたいのに、毎回カレー出されてる気分。

食材(ストーリー)と食材(ストーリー)が混ざり合って、1つ1つの味が薄くなる=これといった衝撃的なエピソードがない。

というわけで、過去篇大好きマンとしては、もっとしっかりキャラの役割を分けて欲しかった。

全体的に戦闘力の設定が崩壊しているのでワクワク感ゼロ

鬼滅の刃(柱集合)

先ほどから出てきている「柱」は人間側最強の9人だ。
つまり現時点では強すぎる鬼を倒す唯一ゆいつの希望でもある。

そんな「柱」の1人が手を縛られた状態の主人公に頭突きかまされて出血した時は「????」でしたわ。

イヤイヤイヤ、もっと圧倒的であれよ。
「炭治郎」なんか小指で倒せよ。
なんなら気迫のみで黙らせろよ。
それがあって初めて「おぉー柱すげー」ってなるんじゃねーのかよ。

ネタバレになるが、単行本18巻では「柱」と「炭治郎」の力の差はほぼなくなっている。
キャラによっては「炭治郎」のが強いんじゃね?ってレベル…。

あと鬼ども、お前らもっと強えーだろ?主人公だからって遠慮すんなっ!!本気を出せ本気を。
世の中、気合いや運だけじゃどうにもならねぇ理不尽なこともあるってのを世の少年たちに教えてやるのがお前らの役目だろ。


ワンピースで冥王に2年も修行つけてもらって、四皇の幹部と死闘を繰り広げて、めたクソ強くなったと思ったルフィが「カイドウ」に一撃でやられた衝撃。


幽遊白書で幽助が魔族の血に目覚めて、S級レベルの仙水を子供扱いして、最強になったかと思いきや魔界にはS級なんてゴロゴロいて、1000年飯食ってない死ぬ寸前の親父を椅子から動かすこともできなかったラスボス感。


BLEACH藍染 惣右介あいぜん そうすけがちょっと本気出したら同じ隊長格の狛村 左陣こまむら さじんを鬼道の一撃で仕留めた格の違い。

マニオ

こういう圧倒的な絶望感や無力感が「鬼滅」にはないんだよな。
ちょっと修行しただけで強くなりすぎちゃうし、主人公が全然負けねーからワクワクしねぇ。

漫画だと技の見せ方が下手すぎてストレスを感じる

鬼滅の刃は絵が下手だから無理って声もよく聞くが、俺はそうは思わない。
これくらいの作画は世の中ゴマンとあるし、普段の描写はそんなに気にならない。

しかし、敵も味方も「技」を発動するシーンでは何をやっているのか全然わからないのである。
これは絵が下手なのではなく、見せ方が下手だと言っていい。

戦闘シーンは、もっとも盛り上がる場面なのに、それがわからないのは致命的ちめいてきだ。

上記の技の終わりから見るに、居合いを打ち合ったシーンだろう。
※解説のため「鬼滅」の中ではかなり分かりやすいシーンを抜粋&前後の文脈は無視している。

もちろんこれくらいの作画であれば、想像もつくし、読んで字の如く遠い雷と書いて「遠雷えんらい」なので、遠い間合いから雷の如き速さで距離を詰める技と仮定できる。

しかし、このバトルシーンは鬼滅の中で分かりやすい部類だ。
その他のシーンはあまりにも酷すぎて、引用すると悪意を感じさせてしまうため、あえて避けている。

例えば上記のシーンでも、直後の「善逸ぜんいつ」のコマで「何?あの間合いから一瞬で詰めてきやがった」って心境を入れたり
敵の「獪岳かいがく」が「ここから一瞬で距離を詰める俺の遠雷をくらえ」みたいなナレーション的な説明を入れることもできる。

そもそも漫画の強みとは、文字(読解)と作画(視覚)両方でバランスを取れるところだ。
作画が苦手なのであれば「解説」を足すことで、より多くの読者に訴えかけることができるということ。

リサリサ
©ジョジョの奇妙な冒険・第2部

さらに具体例を出すなら、ジャンプ史の中でも特に技(状況)の説明に力を入れているジョジョの奇妙な冒険だろう。

★豆知識★
鬼滅に出てくる全集中などの呼吸法は、ジョジョの「波紋呼吸法はもんこきゅうほう」から派生している。

そりゃ読み手としては絵で見せてもらえた方が嬉しいが、漫画家さんだって得意不得意はあるだろうし、誰もがわかりやすくキレイな絵を書けるなんてことはありえない。

だからこそ、ジョジョのような一手間(週間でここまでやるのは大変だが……笑)をかければ、視覚で理解できなくとも、読解できるようになる。

まぁこの辺の細かなニュアンスは漫画を読みすぎてきた故の弊害へいがいというか、バランス感覚というか、思いっきり主観であることは否めない。
とにかくアニメで見て「あぁこういう感じの技だったのね」てわかるものが多いのは事実だ。

さらに俺の場合は頭の中で模擬対戦もぎバトルをしながら読むのが好きなもんで「A」に対する返し技「B」それをかわして「C」さらにカウンターで「D」みたいな。

漫画では「技」の動きがほぼわからず、これができなくてストレスを感じた。
ただ「ufotable」のおかげもあり、アニメではよくわかるどころか普通に神ってる技もあるのは言っておく。

特に気に入ってるのがアニメ17話で「善逸ぜんいつ」が放つ「雷の呼吸 壱ノ型 霹靂一閃へきれきいっせん・六連」のシーン。
ここは厨二心をくすぐられるのでアニメ好きの人は見る価値ありだ。

ギャグが破壊的に面白くなくて眉間のシワが戻らない

ギャグシーンはマジで面白くない。
いくら子供向けに書いているにしてもしつこ過ぎる。

特に「善逸ぜんいつ」がヒーコラ言ってるシーンは漫画なら読み飛ばせるが、アニメだと地獄絵図そのもの。

マニオ

善逸のギャグシーンを平均すると1シーンに付き、約28秒もふざけてるわけ、だから「あぁウルセェ〜」しか感想が出てこない。

いやね、ギャグシーンが面白くないのは鬼滅の刃に限ったことじゃなくて、「ワンピース」だろうが「HUNTER×HUNTER」だろうが面白いと思わないよ。

けど、他のは尺が短かかったり、仲間全体でバランスを取るから適当に流せて嫌味がない。
仲間全体ってのはワンピースでいえば(ウソップとルフィとサンジ)・(ナミとゾロとルフィ)みたいな感じ。

それが1人で延々ふざけてるわけだから、眉間に寄ったシワが戻らないのである。

ちなみに、俺がジャンプで一番笑った記憶は
「銀魂」46巻・第四百二訓〜始まる
「ビームというひびきはあらゆるもののハートを射抜いぬく」だ。

ちょこっと解説すると、スターウォーズの

  • オビ=ワン・ケノービにかけて「尾美 一おび はじめ」と書いて「オビワン」と読む発想力
  • ライトセーバーにちなんで剣術流派を「ビームサーべるー」にした着眼点
  • ソードマスターをもじって「銀河剣聖ギャラクシーソードマスター」という絶妙な語呂

にはマジで爆笑した。

これだけふざけた入りで、オチは号泣に持ってくるあたり「空知先生」の変態(天才)さが遺憾無いかんなく発揮されているので、未読の方はぜひ読んでみてほしい。
※スターウォーズを全く知らなくても面白いよ。

鬼のラスボスがクズ&ダサすぎて魅力なし

俺は味方よりも敵の設定こそこだわった方がいいと思っている。
なぜなら善悪ぜんあくの高低差によって正義の意義も変わってくるからだ。

ましてラスボスなら、単なる悪では魅力的にならず、悪の中のカッコ良さをどう見せるか?
具体的には「怒り」の矛先ほこさきをどこに向けているかで、共感値やファン層はほぼ決まってしまう。

要するに、敵が輝けば輝くほど、魅力的であればあるほど、相関関係により味方も輝くということだ。

鬼舞辻無惨(きぶつじ むざん)

鬼滅の刃のラスボスは「鬼舞辻 無惨きぶつじ むざん」なわけだが、圧倒的な強さに加え、見た目は悪くない。
でも中身がクソオブクソ。目的もやることも何もかもがダセェの一言。

ダサいなりにギャグキャラなり、イカれサイコキャラに振り切っているならいいが、どっちでもない中途半端キャラ。

正直「無」の感情しかない。この先は全く興味のないキャラを無理やり考察した。

無惨様のクズダサエピソード
  1. 酔っ払いの兄ちゃんに軽く絡まれただけでブチ切れてその場にいた3人を全殺し。
  2. 鬼の中でも上から7番〜12番目に強い下弦の奴らを集めて1体を残し、他は理不尽に全殺し
  3. 柱を1人殺したと報告に来た部下に対し「たかが柱を始末したから何?鬼が人間に勝つのは当然だろ」というブラック企業の上司ばりのクソっぷり
  4. 病床で今にも死にそうな鬼殺隊当主と初めて言葉を交わした時に出てしまう圧倒的ザコ感

例えば、2番目の下弦の鬼集めて全殺しした時は、「なんでお前らそんな弱いの?お前ら役に立たねーからいらねーわ」っていう鬼パワハラを振りかざして全殺し。

3番目の「鬼が人間に勝つのは当然だろ」ってセリフ、ここだけ聞くと悪くないが、コイツは普段から「鬼殺隊」にめちゃくちゃブルってすぐ逃げるような奴なんですわ。

こんな感じで終始小物しゅうしこものっぽさが前面に出ている。何千年も生きた経験や知識・知恵がある分、普通に考えたらチートキャラのはずが、オーラも知性もまるで感じないヘボ野郎

基本的に自分のことしか考えていないので、何度見返しても魅力は0のまま。

無惨が小物でワガママで成長できない理由

出てくるたびに自身の株を下げ、コイツはもうどうしようもねぇなっと思っていた矢先、12巻の22ページに違和感の正体が載っていた。

鬼舞辻無惨(きぶつじ むざん)
©鬼滅の刃12巻|集英社

無惨は”変化“を嫌っているのだ。
「状況・肉体・感情」あらゆる変化は劣化れっかでありおとろえだと考えており、逆に完璧で永遠に変わらない”不変“を望んでいる。

鬼滅の刃は大正時代を舞台にした物語、当時は第一次世界大戦(大正3年)が起こり、日本の産業革命が大きく進んだ時代だ。

この激動の時代に「不変」などと耄碌もうろくしているバカは無惨ただ1人くらいだろう。

かのチャールズ・ロバート・ダーウィンもこう述べている。

It is not the strongest of the species that survives, nor the most intelligent that survives. It is the one that is most adaptable to change.
訳:生き残る種とは、最も強いものではない。最も知的なものでもない。それは、変化に最もよく適応したものである。

引用:名言+Quotes

鬼殺隊きさつたいは常に鍛錬たんれんを重ね「柱」ともなれば、己の寿命すら犠牲にし、わずか二十数年で生涯の幕を降ろす者もいる。
そこまでしなければ鬼との圧倒的な戦力差を埋められないからだ。

限られた時間の中で、粉骨砕身ふんこつさいしんする者たちと半永久的な時間があり、人を喰うだけでパワーアップし、変化=おとろえとしか考えられず、誰からの助言もない裸の王様では品性に差が出てしまうのも当然と言えるだろう。

独裁組織どくさいそしき最大の欠点は、俯瞰ふかんの視点から見てくれる者がいないことだ。
したがって「無惨」は小物であることをこの先も自覚できないし、力だけが増幅していき、心は成長しない典型的な老害といえる。

鬼滅の刃に対するネット(Twitter)の声

面白い派

つまらない派


上記はそれぞれのキーワードで検索した中から適当に抜粋した。

検索して気づいたが「おもしろい」と言っている人は「なぜおもしろいか?」を語っている人が異様に少ない。
また当ブログに引用されたからか、投稿を削除する方も多い。

断っておくが、俺は鬼滅を面白いと言っている人を批判しているわけではない。
ただ単に俺にこの作品が合わなかっただけだ。

面白いと思うなら、堂々と胸を張り発信すればいいし、他人の意見に流されず、自分の芯を持ってもらいたいと思う。

逆に「面白くない」の検索結果は、それなりに理由も述べられていて、多くの他作品に触れてきた傾向が見て取れる。

結論:鬼滅の刃は子供と漫画・アニメビギナー向けの作品

以上が鬼滅の刃にハマらなすぎて、いろいろ吐き出さないと窒息死ちっそくししそうだった俺の感想だ。

一言でいうと「子供・漫画ビギナー」向けの作品かな。
少なくとも、多ジャンルを読む漫画狂が人気にあやかると拍子抜ひょうしぬけする可能性大。

もちろん鬼滅ファンを否定する気はないし、誰が何を好きになるかは自由である。
アンチだなんだと低次元の話をしたいわけでもない。

ただ「鬼滅の刃」キッカケで、他作品にも興味を持ったり、ハマってくれたらオタク産業がより盛り上がるので嬉しいなぁと思っている。

※この記事の一番下にコメント欄があるので、あなたのご意見もぜひ。
10代〜50代まで10名100名200名300名400名→500名以上の方々が参戦して盛り上がってまっせ。(内76件管理人返答)

鬼滅の刃11巻
  • 作者:吾峠呼世晴
  • 出版社:集英社
  • 掲載誌:週刊少年ジャンプ
  • 発売日:2016-06-02
  • 完結:23巻
  • カスタマーレビューをみる

DMMの配信サービス

DMM TV

DMM TVの詳細をみる

無料期間内に解約すれば料金かからずお試し可

鬼滅の刃レビュー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてくれると励みになるぜ!!
  • URLをコピーしました!

コメントはお気軽にどうぞ

コメント一覧 (727件)

  • 友達がいっつもいっつもいっつもいっつもいっつもいっつもいっつもいっつも❗きめつきめつきめつきめつ うざいんです!内容いっぱい話してくるしネタバレするし「きめつのどこが面白い?」って聞いても「面白いじゃん」って返すし!あーーーーーー殺してぇえぇえ!

    • マイマイマイマ様

      これはこれは大変お怒りが溜まっているようですね。
      一旦落ち着いてください。笑

  • 今更ですが、読ませていただきました。
    高2になります。
    鬼滅はまずアニメからみました。
    アニメはとても綺麗でそこは賞賛です。
    漫画は親戚から譲ってもらいました。
    全巻よみましたが、、ん??
    と、まぁこんな感じです。
    過去が悲しいとか言う割にどれも全く
    心に響きませんでした。死を一つのテーマにしている作品でこれ程のものは初めてでした。

    主さんの言う通り、なぜこれでここまでヒットしたのがが理解できません。
    自分も有名な漫画ならほとんど読んでますので面白い面白くないって感覚は自分の中で出来上がっていると思います。
    アンチでは決してありませんが、高校生になっても周りで鬼滅鬼滅‼︎って言ってる人たちは、
    ん?どした?って思います。

    鬼滅の刃の影響で漫画ファンが増えるのは嬉しいです。その後にONEPIECEなど、ほんとに面白い作品(あくまで個人意見)を読んでいただきたい。そして鬼滅の刃のどこが面白いのかを教えていただきたい。
    その感想によっては鬼滅の刃に謝ろうと思います。

    • もひかん様

      過去編、響きませんよね。
      そもそも家族を妹以外皆殺しにされたスタートなのに、主人公が優しい設定とか意味不明すぎて「えっ?」ってなりました。
      もっと狂っていいし、憎んでいいし、鬼よりイカれた人間の底にある醜い悪に触れてほしかったです。

      本当ですね。
      これをキッカケに他作品にも触れてくれると私も嬉しいです。

  • アラ50です
    ジャンプ全盛期は北斗の拳です。
    1巻無料立ち読みしましたが、何がいいのか分からずでした。
    読んでるうちに面白くなってくるからといわれましたが、この先読んでも無駄ァと分かりました。ありがとうございます。
    マンガオタクではなく、他のマンガの例についていけませんでしたが、理解はできました。
    人がら薦められて面白かったのは暗殺教室です。
    進撃の巨人、人が虫になるやつ、はダメでした。
    人物が描けてない作品には入り込めないという結論に至ってます。表面上の性格ではなく哲学です。

    ジョジョは連載当初は

    • サンディ様

      あら、だいぶ先輩ですね。
      北斗の拳もレジェンド作品ですよね。

      中でもサウザーの「退かぬ!媚びぬ!省みぬ!」は、未だ脳裏に刻まれている名シーンだと思っています。
      というか、北斗の拳がなければジョジョも生まれていないとさえ思っています。

      暗殺教室は私も好きな作品の一つです。

      コメントが途中で切れちゃっているので、続きが気になります。笑

  • ジャンプ黄金期は1983~1996年までで以降はマガジンに抜かれたりしてますんで
    ONE PIECE以降の漫画は違うかなぁ
    漫画に対する感想としては映画の「カメ止め」と同じ様な匂いを感じる
    周りから「面白いでしょ?」と同調を求められるこの感じ
    時代的に真っ白なキャンバス生地に好きに書いていいよって書かれたジャンプ黄金期の漫画と
    もう書き尽くされてて生地余白少なく似た様な漫画を書けない制限がある中で書かれた漫画を
    比べるのは酷ではあるけれど面白くないものは面白くないと言いたい

    • 面白いと評判なのでアニメ見始めましたが
      人の描き方の浅さと他漫画で見たことある設定アイデアを
      工夫せず使いまわしの連発に耐え切れず途中で閉じました。
      作者は調べてないけど良いのか作者さん、貴方はこれで。

      過去作品の設定を表面だけつまみ食い。
      それは良いのだけれど、ネタ頂いたなら元を知る人をも
      唸らせる品質に発展させほしい。

      (どーせ古い作品のことは知らないだろう)と
      視聴者を侮っているようで気持ちが悪くなりました。
      吐け口を用意していただいてありがとうございます。

      • ダメージ受けた様

        それ分かります。笑
        漫画もアニメも供給過多の時代に、斬新さを求めるなんて酷なことはこっちも言いません。

        漫画家が過去のレジェンド作品に憧れ影響を受けるのも、スラダンに憧れてバスケを始めるようなものですので、当たり前だと思っています。

        ただそれにしては、お粗末な作品としか思えないんですよね。

    • はじめまして。20代の女子大生です。
      世間が鬼滅の刃で盛り上がっている中、私はどうしてこの漫画が人気なんだろうと思っていました。この記事には共感しかありません。
      鬼滅の刃のアニメも単行本も読みましたが、いまいちピンと来ませんでした。
      まず、展開が早すぎます。十二鬼月を倒すまでのテンポが早く、もったいないと思います。
      また、主人公、同期組、柱以外の鬼滅隊がまったく強くないと言うところに疑問です。ハンターハンターや、ハガレンなどにあるように、主人公がもともと天才型で、他を圧倒するほどの実力があるなら、まだ、炭次郎が柱と同等に戦えているのは分かります。しかし、目立った実力もなく、修行もちゃんとやったのは最初だけ。という状況で、主人公があそこまで生き残れているのが不思議でなりません。
      漫画の戦闘シーンは本当に見づらくて途中で飽きました。技もポンポンと、出てき過ぎて重みを感じられませんでした。戦略というより、どんどん新しい技と、能力を覚醒させて戦っている印象。
      もっともっとじっくり話を進めればよかったのに、どうしてここまで展開が早いのかわかりません。展開早過ぎて色々と疑問点が、上がってきてしまっていますよね。
      私的には、鬼滅の刃よりももっと面白い漫画はいっぱいあると思います。その漫画が注目されずにいるのがもどかしいです。

    • ばんじろ様

      黄金期は売上による客観的視点と本人の青春時代による主観的視点がありますからね。
      私はその人にとっての黄金期を重視していますので、記事ではそのように書きました。

      キャンバスの下り、良い例えですね。
      一理あるのですが、今でも面白い作品が生まれているのもまた事実なので、やはり鬼滅が面白くなかったとしか思えません。

  • 周りが鬼滅にハマり、芸能人の間でも流行っていると聞いてアニメだけ全て見ました。
    まとめて感想を述べると薄いです。十数話まで無心で観ていましたが、柱が出てきて「!?」となりました。お館様が出てきた途端、柱達が跪き頭を下げたかと思いきや、お館様のねず子の処分に対して承服できないと…仕舞いにはお館様の座敷に上がり、ねず子を串刺し。お館様への忠誠心は何処へやら…鬼殺隊トップの設定がこんなにも曖昧ならさぞ鬼サイドも適当なのだろう。
    友情努力勝利の友情。これも浅いですね。26話もあって炭次郎ら3人の友情を描くエピソードが少な過ぎる。炭次郎1人で多くの鬼と戦い、人と出会い成長?していく。一方で後の2人は騒ぐだけでギャグも面白くなくキャラクター性も薄い。炭次郎は何故この2人に肩入れするのか。
    悪役も薄い。「人を殺す鬼にも辛い過去がある」こんな展開飽きる程見てきました。鬼の過去編もお涙頂戴する気あるのか?という感じ…蜘蛛の鬼の子の背景にはもっと物悲しいエピソードを期待していました。
    ワンピース、進撃の巨人の発行部数を越えたと聞いて観ましたが、とんだ肩透かしを食らいました。
    大人でハマってる人が多いことに驚きです。

    • こんにちは、19歳のものです。
      学校の5人グループの私以外の子はみんな鬼滅にハマっていました。「鬼滅は義務教育だよね!」
      「あんなに面白い漫画はない」と皆口を揃えます。
      どういう魅力があるのか聞いても「○○の顔がいい…」
      「とにかくかっこいい」「面白い、泣ける」抽象的だな…と思いながら私もアニメを見てみましたが限界でした

      シリアスになるはずの戦闘中で起こる寒いギャグシーン、特に頭脳戦もない。主人公都合の世界、ピンチにはなるけど絶望はない。平坦な物語(鬼殺しだけ)禰豆子が鬼っぽいのは最初だけでその後の苦難は特になし後は主さんが全て綴った通りです。
      残った感情と感想は無でした。

      魅力を聞いた時、抽象的に面白いと答えた友達から
      なぜ細かい魅力の説明が出てきたのかと考えたのですが流行と社会的現象という株の持ち上げ方による
      空っぽなテンションによる面白さだったのではないかと感じました。

      自分の感覚がおかしいのではないかと思っていましたが同じ感覚、同じ感想を持った人がこんなに居て本当に安心しました。ありがとうございました

      • 漫画が溢れる家で育った高校生です。

        友達が鬼滅の刃にどハマりしてるので私もアニメですが見てみました。
        感想としては最後まで見る気になれない、話の流れがベタすぎる、面白くないです。
        なぜ社会現象になったのかわけが分かりません。
        全体的に中二病チックですよね。中二病すぎてムカついてきます。
        友達の前でこんなこと言ったら面倒くさそうですね。

      • なう(2020/05/05 14:57:21)様

        やはり他作品を色々読んできた方には、刺さりませんよね。
        はい、面倒だと思うので、本心は胸の内にしまっておいて下さい。

      • Re.re城様

        こんにちは。

        あのブームから3年経ちましたが、答えは出ましたよね。
        当時冷静に見ていた方々の「過大評価」は歴史に証明されたわけです。

        今後も自分の感性を信じて物事を判断したいですね。

    • SF小説大好き大学生様

      SF好きなら、伏線未回収だらけの鬼滅はキツいでしょうね。笑

      そうなんです。
      人物のエピソードが薄いんですよ。
      これでは感動のしようがありません。

      私はワンピと進撃と比べるなど、10億年早いと思っています。笑

  • こんにちは、はじめまして。
    中学三年生の者です。
    この記事を読み、胸にあったしこり的なものがとれました。
    周りに鬼滅を勧められ、最初はハマる所までは行かなかったものの、良作品かな、と思っていました。
    しかし、アニメや漫画を二周三周する内に鬼滅に対して違和感を感じ始めました。
    よくよく考えてみれば、何度も同じような流れを何回も繰り返しており、物語が結構平坦なのです(語彙力が少なく、自分の言いたい事が上手く表現できなくてすんません)
    そして、全体的に見ると、この記事に書いてあった通り、主人公などに対する絶望的な状況が少なくて、ご都合主義のように感じられます。
    更に悲しいキャラの過去はいいんですが、正直重く悲しいのが多すぎて、へぇ、くらいにしか感じません。1人や2人くらい、軽いものでもよかったんじゃないかとも思います。
    また、鬼舞辻に関しても、生きる事に貪欲ならばもうちょっと、工夫する所があったと思います。例えば、下弦をパワハラせずに残しておき、後で陽動なり奇襲なりして役立てるなどがあったと思います。

    これらは私的な意見で、間違っている部分や語彙力がない所があるかもしれません。そこらはお許しを。
    今思えば、私は単純にキャラデザなどが好きだったのかもしれません。
    長文失礼致しました。

    • 私は天の邪鬼なので基本流行してる作品に対して逆張りしちゃって触れないことが多いのですが、鬼滅の刃は流行とか超えて社会現象だったので逆張りするのも馬鹿らしくなってめちゃめちゃ期待しながら全巻読みました。
      家族で回し読みしたのですが結果私だけハマらず…両親は早く次巻を!!!って感じでしたけど。
      戦闘は呼び出される→鬼が出てくる→主人公がなんかすごいパワーを獲得、使用→鬼の昔話→勝利のループで巻数が進むにつれ新しい敵に対して「でもこいつもつらい過去振り返るんやろ」というイメージがついてわくわくできません。
      そもそも私は個人的に悪には過去をあんまり語らないでいてほしい、語るなら外伝とかで補完してほしいタイプなのでそこも合わなかったんだと思います。
      あと、登場人物の名前の読みがいちいちややこしいのもなんとなく苦手でした。
      嘴平…?栗花落…?読めね〜〜〜〜〜!!!(単行本を放り出す)と一発で読めない名前が出てくるたびに物語の世界から叩き出されるので没入感もなかったのかなと思います。
      ほかにも呼吸を使ったときの波とか電気とかのエフェクトに飾り以上の意味を感じなかったり、無惨様からラスボスの風格を感じられなかったりと細々な不満点があり、結局作品を楽しめませんでした。
      キャラ萌え的な視点でも好みのタイプのキャラがいないので読むモチベーションが維持できませんでしたし…(もっとも、いたところで作中で死んだら耐えられないです)
      最終的な感想としては、社会現象にまでなるような作品ではないと思うんですが、実際にこの作品を楽しんでいる層のことを考えるとこんな風に粗に目が止まったり、止まったとしても続きに引きずったりせず純粋に作品の楽しい部分を味わい尽くせる人が多いのかな…?と感じました。
      アンチ!大嫌い!というほどではないですが、好きかどうか問われたら好きではないと答えるような漫画だと思います。
      長文失礼しました。

      • ねも様

        私も天邪鬼なので、お気持ちわかります。
        ぶっちゃけアニメを見る前から、俺はハマらんだろうなぁと思っていました。

        観てみた感想は、案の定です。

        そのことをブログに書いた結果、予想以上の共感の声をいただき、最後まで読まざるを得ない状況になってしまった感じですね。

        確かに、名前は覚えづらいキャラが多いですよね。
        私もアンチではないですが、全く好きな漫画ではありません。

    • じゃしん様

      はじめまして。
      キャラデザは独創的ではありますよね。
      漫画だと絵が下手くそなので微妙だと思いましたが、アニメで化けました。笑

      無惨はおっしゃる通りで、生き残るために必死になるのは全然いいのですが、救いようのないアホなんですよね。
      俊國のときは多読してそうなイメージでしたし、勉強的な頭は悪くないと思うんですけど……。

      1000年以上も歴代鬼殺隊退け、生き残ってきた伝説の鬼が、特に華もない微妙な代の鬼殺隊および炭治郎にやられるってどうなん?ってことです。
      そもそも悲鳴嶼が最強って、このビジュアルなら2〜3番手がセオリーだろと。

      なんにせよ、この程度の作品が数多の良作を押しのけ、つかの間の一番を取れたことは奇跡としか言いようがありません。

  • 28歳女性です。コメント失礼致します!
    私は鬼滅のアニメを観たけどハマれなく、なぜこんなにみんながここまで“面白い”と騒いでいるのかが分からない者です。アニメを観るのも凄く我慢しながら観ていました(笑)
    (※鬼滅ファンの方を誹謗中傷するつもりは全くございません。すみません。。m(._.)m)

    昔ONE PIECE、NARUTO、デスノート辺りにハマっていて、現在はハイキュー‼︎、Dr.stone、約ネバとかにハマっています。
    なんかモヤモヤして『鬼滅の刃 面白くない』で検索をかけたらこちらのサイトに辿り着きました。面白いと思えない理由の全てに納得がいき、とってもスッキリできました!(笑)設定の話然り、ぜんいつのウダウダ言ってるの然り。。。(笑)

    なによりも私は、いちいちたんじろうが戦闘シーンのたびに「あそこが痛い、ここが痛い、でもやらなきゃ!」的なのとか、ぜんいつのビービー泣き喚いてるシーンが長すぎるのとかを観て、マジですげーうるせぇー。ってなってたのが何よりも苦痛でした。(笑)

    長くなりましたが、本当にスッキリできたのがとても嬉しいです。ありがとうございました!

    • おやつカルパスだいすき様

      ジャンプ第3次黄金期を読んでいた身からすると、鬼滅は物足りないですよね。

      おっしゃる通り、本当にとにかくうるさい印象が強いです。
      私も現在ハマっておられる3作品の方が全然面白いと思っています。

  • 自分も鬼滅の刃を女友達に薦められてマンガ(現行ジャンプ含)とアニメコンプした者で結論「つまらない、薄いカルピス」に達したものです。漫画はさーっと読みましたが過去編ありましたっけ?な感想です。ブリーチやるろ剣の過去編はもう痺れたものです。あと必殺技多すぎて覚えられないし、少年漫画で必殺技って大事だと思うんですよ~汚い話販売促進の為にも悟空なら「かめはめ波」、幽助なら「霊丸」、一護なら「卍解」などですね。鬼滅はなんか特定の決め技がない感じしました、技名がまったく覚えられませんし印象にも残りませんでした。とりあえず話コンプしてから友達に「ワンピースの方が面白い」って言ったら「私はワンピースが面白いとは思わない」っていうんですね、でどこがつまらないかどこが犬夜叉のパクリなのか具体的に話そうと思ったら驚きの一言『全部観てないからネタバレやめて』って言われたんです。(え?話の本筋の1/3も入ってないTVアニメ版をコンプしてないのに面白いといったのかい?チミは?)と思いました。だからそういう人が多いんだと思います。自分には無限列車編を映画にする意味もわかりません、あの話はそんなボリュームないような気がしますし。全編通してねずこが太陽を克服して無残が「この為に作りたくもない手下を従えてたのだ!」というシーンだけ「おっ!」て思いました。懸念してるのはこの作品で満足してしまうユーザーが増えてしまうとこの先黄金世代を超える作品が出るのは難しいのかなということとハンターの続編がこのまま出ないのかなということです。つたない文章ですみません、同じ黄金世代を生きた人の感想に出会えて嬉しくて書いちゃいました。長文失礼しました。

    • はじめまして、漫画好き主婦です。
      この連休、一挙放送がやっていたので、一回は見てみようかと初視聴してみました。
      実はみる前に、鬼滅キッズがウザいと言う中2の息子に、まあこれだけ流行るんだからちゃんと見てから決めようよ!と言ったところ、1話みたけど9分くらい炭売ってたしか印象が無いと一蹴され、リアル中2病はこれだから…と苦笑いをしていたのですが、見た感想は、やたらキャラが状況説明しすぎるるせいか行間を読んだり想像する必要がないからワクワクしない。なんかあるだろうと思わせてやっぱりなんかあるから意外性がない。初対面で強さも性格も良くわからないキャラになぜに急に説教させるのか…と気になり、息子じゃないのですが、炭売ってたわ…になってしまいました。
      もちろん絵は綺麗だし、小学生のあまり漫画を読まない娘はわかりやすいと言ってハマっていたので、良いところも沢山あると思うのですが、当時小学生だった息子にハガレンやハンターハンターやデスノを読めと与えてしまっていた母としては、正直普通だよねとしか思えず、息子に「ごめん、面白いマンガを先に読ませすぎたわ」と謝った次第です。
      なので、こちらのブログを読ませていただき、本当に共感しかなく、つまらないと否定まではしないけど、漫画好き世代からしたらそこまで?と思って良いんですよねと安心させていただきました。
      しかし漫画が売れる売れないは、運やタイミングもあるんでしょうね…。難しい。

      • しゅふう様

        おっしゃる通り、観ず読まずの評価はしたくなかったんですよね。
        私も印象に残るようなシーンはほとんどなく、時間とともに忘れていく作品だと思います。

        ウチの息子(当時小1)も面白いと言っていたので、小さい子にはわかりやすくていいのかもしれません。

        それにしても良い作品を読ませているようで、将来楽しみな漫画サラブレットですね。
        コロナ禍という特殊な外部環境がなければ、ここまでヒットはしなかったと思っています。

    • ドララ様

      つまらないとわかりきっているのに観つづける、読み続けるってかなり苦行ですよね。

      いや本当に、キャラの深掘りがないのにキャラに没入できるのは現代人の特殊スキルなのかもしれませんね。
      私は無理なので、流行りではなく自分が好きな作品を追い求めようと改めて思いました。

      決め技大事ですよね。
      連載中は気にならなくても、後世に語り継がれる作品には必要だと思っています。

      鬼滅が好きな人は感情論の方が非常に多いです。
      もちろんワンピースも好き嫌いはあると思いますが、少なくとも世界一売れている漫画ですから、世界基準では一番面白いと思われているという客観的なデータは無視するんですよね。

      このままいくと、HUNTER×HUNTERよりONE PIECEが先に思ってしまいそうですね。

  • アニメは結構見ている系高校生です。
    この記事の内容を見た感想は「分かるわ〜」という感じ。
    鬼滅はアニメ・漫画両方観ましたが、結論から言うとアニメは好きで漫画は微妙でした。
    ここから個人的な感想など書きますね。鬼滅はアニメから入ったのですが、友情・努力・勝利があるThe王道だなって感じましたね。一話で『妹を人間に戻す』ことと『家族をあんな目にした敵を倒す』という目的と方向性をさせ、妹も鬼になったのに兄を守ろうとする。この兄妹の絆は素敵だと感じます。そして強くなる為に修行をするけどやり方が古臭い(笑)。だけどそこが良い。滝行や素振りなんて最近のアニメで観ないので、そこを丁寧に描写してるのは良いと思います。すこしテンポが悪いかなって感じましたけど、まぁ2クールだからこんぐらいかな。約2年にも及ぶ修行の集大成である大岩を斬ったシーンは錆兎たちとのお話や鱗滝の「よく頑張った。炭治郎、お前は、凄い子だ」は感動しましたね。修行を終えたら次は鬼殺隊に入るための試験。ここもジャンプのお約束的な展開だけど、実際パクリとかパッチワークとかでもなく、とても自然に取り入れているのが作者のセンスかなと思う。そして戦闘シーンは流石ufotableだなって言わせるクオリティ。技を出した時に刀に水のエフェクトがかかるが、それが浮世絵のようなタッチで美しさすら感じる。そこにufoのカメラワークで盛り上げる。そのおかげで美しく、かっこいい戦闘になっていると思います。そしてシンプルだからこそ真似をしたくなる気がします。
    少し長めになってしまいましたが、アニメはとてもクオリティが高いと思います。特に戦闘シーンはufoの本気が見れます。戦闘シーンだけは見てほしい。アニメはそこまで雑に描写してると再度見直しても感じなかったけど、漫画は「意外とあっさりだな」って思う部分が多々ありました。
    王道要素が多いとやはり単純であったり二番煎じ、拒否感などもあるかな。私も少し感じました。
    でもだからこそ人気なんだと思います。今鬼滅を見ている子供達は、真っ直ぐな王道にワクワクやハラハラ、ドキドキもするだろう。少年心をくすぐる技たちは真似をしたくなる。優しすぎる主人公には応援したくなる。
    鬼滅はジャンプの築き上げたものをリスペクトし、取り入れ、一つの作品になっている。良くも悪くも少年漫画。
    私は”アニメ”の鬼滅の刃は好きですね(笑)

    • そらにん様

      なるほど、鬼滅を王道というのも面白い見解ですね。
      私は基本薄っぺらい関係性に感じたため、”友情”を感じることができなかったです。
      例えば同期の玄弥が死んでいるのに、最終巻の墓参りでは弔いのとの字もなく、ただただ死者を冒涜しているようにしか映りませんでした。

      “努力”についても、積み上げて強くなっていった過程がほとんど見えず、その場その場で適当に強くなっているだけのように感じましたね。

      妹が兄を守る設定でもいいのですが、その路線(特別枠)で行くならもっと周りに感謝し、ストーリーに筋を通してほしかったです。
      太陽克服シーンはいい加減でしたし、人間に戻った時はさらにひどいタイミングで、これまでの旅の意味は?妹を人間に戻すためじゃなかったの?とズッコケました。

      アニメのクオリティは、漫画とは別物と言えるくらい良かったですね。

      鬼滅の技を”シンプルで美しい”というのも面白い視点です。
      私のシンプルとは、ドラゴンボールの「かめはめ波」や幽白の「霊丸」を指すため、この辺は世代間による感覚の違いなのでしょうね。

      私はジャンプ第4次黄金期の中だと、王道は「ヒロアカ」だと思っています。
      鬼滅、呪術、チェンソ、約ネバなどは、これまでのジャンプ王道というより、新しい風に感じました。

      ですね。
      少年少女であれば、素直に楽しめるのかもしれません。
      懐古厨にならないように、これからも新しい作品に触れていこうと思います。

  • まぁ、面白いと思う人だけで楽しめばいいんじゃねえのって思った。

    • くだらない。かっこいい戦闘→敵か味方のつまらん回想でお涙ちょーだい(泣けんけど)→なんか強くなる→やったー倒せたー
      これの繰り返しの何がおもろいん?ミーハーがミーハーを呼んだことによる最強の過大評価作品

      • たくさん読んでる訳ではないですが、漫画好きです。
        こちらの掲示板を見つけすごくすっきりしました!
        私も鬼滅の刃、すごい人気だとテレビなどでよく見かけていたので、少し前にとりあえず先にアニメ観ました。面白かったら漫画も読もうと思ってましたが、読む気がしなかったので読んでません。
        面白いっちゃ面白いのかもね〜っとは思いましたが、登場人物の台詞がいまいち入ってこず、内容も薄く感じていたので、この人気が腑に落ちずもやもやしていて、こちらの掲示板を発見しました。
        共感できてすごくすっきりです!ありがとうございます。
        ゼンイツのギャグシーン、アニメで観ていたので、まさに同感、、、です。うざくてイライラしてしまいました。
        ただこちらの掲示板を読んで、内容が深すぎず複雑さがないところが、間口が広くて万人受けし、人気に繋がったのかなと思えるようになりました。
        共感しすぎて思わずコメントしてしまいました。

1 9 32

コメントする

※日本語が含まれていないコメントは投稿できません。(スパム対策)

目次