当サイト案内
カテゴリーから探す
マニオ
サイト管理人
漫画とアニメを語るためだけに作った完全趣味サイト。

Twitterアカウントも専用で作ったからブログ更新はそちらで。

【鬼滅の刃 20巻感想 レビュー】ようやく共感できた話を語らせてくれ

以前こんな記事を書いた。

上記でかなり反響をもらったので、とりあえず最後まで読むことにした。

断っておくが、俺自身は「鬼滅」に1mmも興味はない。
ただ批評を書くうえの心構えとして、全話に目を通すのが自分なりの筋だと思っているというだけのこと。

さてこの度、20巻を読み終えたのでレビューしようと思う。
結論からいえば、過去一よかった。
逆になぜこれを今まで出してこなかった?と不思議に思うほどである。

ネタバレあり

まだ読んでない方は、自己責任でよろしく。

鬼滅の刃20巻
  • 作者:吾峠呼世晴
  • 出版社:集英社
  • 掲載誌:週刊少年ジャンプ
  • 発売日:2020-05-13
  • 完結:23巻
  • カスタマーレビューをみる

\電子マンガ読むならココ一択!!/

目次

神童の弟・継国縁壱と秀才の兄・継国巌勝の超えられない壁

鬼滅の刃20巻
©鬼滅の刃|20巻

なんといっても20巻最大の見所は弟「縁壱よりいち」と兄「黒死牟こくしぼう巌勝みちかつ」の関係性が明らかになったことだ。

縁壱とは?

数ある呼吸法を普及させた鬼殺隊史上、最強の男

黒死牟(巌勝)とは?

上弦じょうげんの壱の鬼、敵のNo.2

いや冗談でもなんでもなく、19巻まで読んできて、鬼側も人間側の話も一度として共感できたことはなかった…。

しかし本巻で、初めて共感できる話が出てきたのだ。

大正時代からさかのぼること400年前、弟:縁壱よりいちと兄:巌勝みちかつは双子として生を受ける。

当時、双子は跡目争いの原因になるため、よく思われていなかった。
そのため弟である縁壱よりいちを殺そうとする父親。

それに母親が猛反対したことにより、継国つぎくに家で10歳まで面倒を見たのち、寺に出家させることになった。

それでも二人の待遇たいぐうは天と地……。

兄「巌勝みちかつ」は、立派な羽織をまとい、良質な食事、一室が与えられ、幼少より剣技を叩き込まれた。

弟「縁壱よりいち」は、小汚い長着ながぎ粗餐そさん、三畳の部屋で育てられ、7歳まで笑うこともなく口もきかなかった。

ある日、兄がいつものように稽古をしていると気配もなく木陰に弟が立っている。

聞けば「自分も侍になりたい、剣を教えてほしい」と言うのだ。兄を指南していた者が口頭で、持ち方、構え方を教えいざ打ち込みをやってみると……。

鬼滅の刃20巻
©鬼滅の刃|20巻

兄が一撃も入れられなかった者を、初めて剣を握った弟が倒してしまったのである。
兄も決して、弱くはない。むしろ才覚はある方だ。しかし、神童の前では努力や鍛錬は無にした。

さらに弟に悪意はなく、ただただ兄を尊敬している優しい気質がこれまた残酷なのだ。

「バウンサー」という漫画で、こんな話が出てくる。

バウンサー5巻
©バウンサー|5巻

天才とは、ある種の病理(症状に関する理論)であり、常人からすれば「優害者」である。
どれだけ修練を重ねてもとうてい追いつけない能力を生まれつき持っている究極の反則者だ。

突如姿を消した縁壱

鬼滅の刃20巻
©鬼滅の刃|20巻

ある日の夜更け、兄のもとへ母親が死んだと報告にきた縁壱よりいち
そして、自分が寺へ発つと告げ、忽然こつぜんと姿を消してしまった……。

桁違いの強さを秘めていた縁壱よりいちの存在により、家を継ぐ立場が逆転してしまった兄:巌勝みちかつ
立派な侍になるためだけに、剣の道を志してきた者にとって、これ以上の屈辱くつじょくはなかった…。

しかしそれから十数年、結局弟は見つからず、遺恨も忘れさり、妻子を持ち兄は平穏な日々を送っていた。

ところが運命は再び兄弟を巡り合わせる。
配下と野営中、鬼に襲われた巌勝みちかつを救ったのが、縁壱よりいちだったのだ……。

マニオ

この時さらに人外の強さになってて、秘めていた嫉妬と憎悪を再び彷彿させてしまう…。

縁壱が肌身離さず持っていた物と黒死牟の涙

鬼滅の刃20巻
©鬼滅の刃|20巻

縁壱よりいちの最後は老衰死ろうすいしである。
それも鬼になった弟:黒死牟こくしぼうと対峙中にだ。

抜刀の刹那、黒死牟こくしぼうは首を斬られ、次の一撃で殺されると確信していた。
しかし次撃はこなかった……。
縁壱よりいちが立ったまま逝ってしまったからだ。

結局誰一人、あの無惨むざんでさえかすり傷一つ付けることもできなかったのである。

あまりの悔しさに、死に体をぶった斬る黒死牟こくしぼう

すると、ふところから見覚えのある横笛がこぼれ落ちる。
それはまだ黒死牟こくしぼうが人間だったころ、巌勝みちかつだったころ、兄だったころ、差別されていた弟に手作りした笛だった。

鬼滅の刃20巻
©鬼滅の刃|20巻

鬼殺隊史上、最強の男「縁壱よりいち」が最後まで大切にしていたのは兄「巌勝みちかつ」の優しさだったのである。
弟より強くなりたいがため、鬼に魂を売り、6つ目の化物となってしまった黒死牟こくしぼうの目から自然と涙がこぼれ落ちた……。

これはキツイよな。鬼になってパワーアップしたのに全然勝てねーわ、大昔にあげたガラクタ大切にしてるわで、己の小ささを叩きつけられた感じ。

しかもさとされたわけでもなく、優しさの暴力だから相手に落ち度がない。
元侍にとって死よりも辛い生き恥さらして、それでも死ねない身体って地獄だろっ。

すべてを捨ててもなお何者にもなれなかった黒死牟の最期

鬼滅の刃20巻
©鬼滅の刃|20巻

何かを得るためには、何かを捨てなければいけない。
凡人とはそういうものである。

再会を果たしたのち「縁壱よりいち」に剣を習うため家と妻子を捨て、鬼殺隊に入隊。
弟を超えることだけを望み鍛錬を続けた。

そんな嫉妬心と憎悪を無惨むざんに利用されてしまったのだ。
永遠の命を手に入れ技を極めないか?と持ちかけられ闇にちてしまった。

これで本当に人間であることも、子孫を残すことも、侍としての誇りもすべて捨てたことになる。

それから数百年の鍛錬を重ねてもなお、「縁壱よりいち」の域には達せず、とうとうその夢は叶わなかった……。

マニオ

かつてベジータがバビディに邪心を利用されちゃったの思い出したな。
いい勝負のライバルは互いにプラスになるけど、絶対に覆らないライバルが横にいると闇落ちしやすいのわかるなぁ。

マニミ

その点、アイシールド21の金剛兄弟「雲水」は、人格者で感動したのよね。
弟のために頭下げて回って、決して努力を怠らない姿勢に惚れたわ。

夢叶わず死ぬことは不幸なのだろうか?

鬼滅の刃20巻
©鬼滅の刃|20巻

黒死牟こくしぼうは、最期に自分はなんの為に生まれてきたのだと縁壱よりいちに問い、死んでいく。

多くの人は、人生の中で目的を見つけることもなく、否意識すらせず死んでいくはずだ。
大それた夢を見ればバカにされることもあるだろう。

夢をみた結果、恥をかき、何もなし得ず、周囲に笑われるかもしれない。

しかし、すべてを捨ててまで叶えたい目的があることは幸せではないだろうか?

そのプロセスに関係のない人々を巻き込んでしまったことだけが、後悔の念であり、数百年もかけて追い続けた夢に価値がないとは思わない。

清廉潔白せいれんけっぱくに生きていくなど、持っている者の詭弁きべんだ。

持たざる者は嫉妬心しっとしんや怒りが原動力になるのもまた事実。
己の無力さや無能さを誰よりも痛感つうかんし、悔しい思いを誰よりもしている……。

だからこそ、人の気持ちをみ取ることができるようになると俺は思う。

マニオ

夢を追う者を冷笑するのは、誰でもできるんだよな。
俺はそうならないようにいたいけどね。

強者の優しさは時として刃となる

縁壱よりいち」は望んで最強になったわけではない、たまたま最強の才を持って生まれてきただけである。

鬼滅の刃20巻
©鬼滅の刃|20巻

だからこそ尊敬する兄に対し「この国で二番目に強い侍になります」といったのだ。
自分の方が技量ははるか上であっても、兄の侍としての生き様に憧れていた。

しかし、強者の優しさや純粋さは、時として刃にも皮肉にもなってしまうのは心に留めておくべきだろう。

頭では悪意はないことがわかっていても「はい、そうですか」と素直に聞き入れることができないのが人間というものだ。

こういった点からも、やはり縁壱よりいちは人の気持ちを汲み取るのが苦手だったと思う。
試合でもなんでもそうだが、基本的に勝者が敗者にかけてやれる言葉などないのである。

ここのすれ違いさえなければ、巌勝みちかつにもまた違った未来があったかもしれないなと思った。

いつになく吾峠節が冴えていた

もともと吾峠先生の言葉選びは好みである。
鬼滅の刃は少年誌なので、その本領は発揮されていないが「短編集」は、大人向けに作ってあるのでオススメだ。

鬼滅の刃20巻
©鬼滅の刃|20巻

20巻は、この吾峠節が炸裂した。
特によかったのはここ。

人をねたんだことねぇとかキレイゴト言ってる奴は、仏の生まれ変わりレベルのいい奴、本物の天才を知らないアホ、いい人キャラ作ってるだけの薄っぺら人間のどれかだろっ。

だからと言って捻くれて何もしない奴は好きじゃねぇ。

強大な壁(仕事)が現れた時、ソイツをどう打ち崩すか?(どう達成するか?)
弱者(個人)が強者(大企業)に挑むために必要な心構えとは何か?

こういったマインドを身に付けるために、ジャンプのストーリーは存在していたんだと大人になった今は思う。

どんなに陽気な主人公でも絶望し、負けを知り悔し涙を流す、時には心を折られ闇落ちする…そうした葛藤に感化され、キツい時でも踏ん張ろうと思えるのではないだろうか。

だからこそ、ここまでのストーリーにはそうした描写が圧倒的に少なく共感できなかったし、これを読んでも何も得るものがないなと思ってしまったんだよな。

その他、印象に残ったセリフはこちら。


望まぬ邂逅かいこう
意味:思いがけなく会うこと。

幼少のみぎり
意味:幼少の頃

胃のいた
意味:胃袋を灼いた


曲なりにも物書きをしていると、漫画家や作家の言葉遊び(選び)にはしょっちゅういてるぜ。

マニオ

ここでこの言葉を持ってくるのかよ〜。くぅ〜みたいな。

もう一人言葉遊びの天才を挙げるなら「西尾維新」先生だ。
とくに化物語の遊び方は秀逸、一度でいいから脳内をのぞきみて見たいものである。

化物語
©化物語|2巻

ちなみにこれ、俺のマインド部分。
能動的孤独のうどうてきこどくっていいよね。

すぐ他人に流されちゃう人
自己啓発本をたくさん読んじゃう人
意識高い系YouTuberに感化されちゃう人
で結局何も行動しない人は「化物語」オススメ。

ただクセ強すぎて、好き嫌いハッキリ分かれる文体だけど。

自己啓発本は「7つの習慣」だけ、読んどけばOK。
世の中にあるその他の自己啓発系は、これを薄〜く引き伸ばしただけ。

結論:20巻は兄弟の機微がよく描かれており鬼滅史上いちばん良い巻

以上が鬼滅の刃20巻を読んでみたレビューだ。
やっぱ1巻分くらい使って、一人のキャラを掘り下げた方が面白くなるな。

付け加えるなら、恒例のクソみたいなギャグ描写が1ページ目以外になかったので、それも相まって一番良い巻だった。
本記事で紹介した箇所以外にもかなり重要な局面はあったけど、その辺の流れは相変わらず???だったので省いている。

まぁ今回の記事を読んでもらえばわかると思うが、俺は鬼滅アンチでもなんでもなく、面白いと思えばそう書くし、つまらなければつまらないと書くだけということだ。

批評を書いている以上、最後まで単行本は買うので、今後も世間や他人に流されず客観的にレビューしていければと思っている。

それでは。

鬼滅の刃20巻
  • 作者:吾峠呼世晴
  • 出版社:集英社
  • 掲載誌:週刊少年ジャンプ
  • 発売日:2020-05-13
  • 完結:23巻
  • カスタマーレビューをみる

ブログ更新はこちらで!!

シェアしてくれると励みになるぜ!!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメントはお気軽にどうぞ

只今のコメント数 (3件)

  • この黒死牟周辺は背景、心情など全てに置いて鬼滅の中では1番良いと思ってます
    鬼滅で称賛に値すると言える場面
    嫉妬と愛情の2つのせめぎ合いが描かれていて1番しっくりきます

    それと反比例するかのように本誌での無惨戦は心折れそうな出来に思いましたけど

    • ナシオ様

      おぉーナカーマ。

      私も20巻が1番良かった、というか20巻以外は、、、です。

      単行本勢なので、まだ追えてないんですが無惨戦、酷いみたいっすね。

      21巻のレビューも近々アップ予定なので、何かあればまたコメント下さいませ〜。

      • マニオさんと同じく、きめつにあまり面白さを感じていない人間ですが、黒死牟さんのエピソードだけは本当に悲しくて虚しくて大好きです‼︎
        兄弟のすれ違いが、本当に切なくて最高です‼︎

あなたのご意見もぜひ聞かせてくれ

※日本語が含まれていないコメントは投稿できません。(スパム対策)

目次
閉じる