当サイト案内
カテゴリーから探す
マニオ
サイト管理人
漫画とアニメを語るためだけに作った完全趣味サイト。

Twitterアカウントも専用で作ったからブログ更新はそちらで。

↑ 横にスクロールできるよ ↑

【不倫漫画ジャンル別おすすめ5選】不倫を環境別に細分化してみた

不倫漫画おすすめ

今月の無料作品を見てみる

「人の不幸は蜜の味」とはよく言ったもので、たとえフィクションでも不貞行為ふていこういを好むのは人間のさがなのかもしれない。

そして「浮気」と「不倫」では失う代償だいしょうがまるで違うからこそ、物語に自然と重みが加わる…。
家族・友人・職場などなど、場合によってはありとあらゆるものを失い、巻き込む可能性があるからだ。

だからこそ、不倫漫画は普通の恋愛にはない独特のスリルを堪能たんのうできるジャンルなのである。
そんな不倫漫画を細かくジャンル分けしてみたのが、当ブログの試みだ。

\マンガ読むならココ一択!!/

目次

不倫漫画のおすすめ
【最新】2021年連載中作品からご覧あれ

それではまず、クズ男とクソ女による不倫ドロ沼劇の最新作を5作紹介していく。
数々の不倫漫画を読んできた管理人が、今現在も買い続けハマっている作品だ。

その後、ジャンル別に20作レビューしているので、興味のありそうな不倫ジャンルがあれば、そちらにも目を通していただけると嬉しい。

欲望を抑えきれない逃避不倫
【ダチュラ〜不倫は蜜と毒】

ダチュラ〜不倫は蜜と毒
  • 原作:ロドリゲス井之介
    作画:沙夜乃なか
  • 出版社:DTSパブリッシング
  • 掲載誌:シンゲキCOMIC
  • 発売日:2020-05-20
  • 連載中:既刊2巻
    2021年5月時点

始まりはたった一通のメール…。
旦那の浮気を疑う友人から「カマをかけてメールを送ってほしい」と頼まれたのだ。

その夜、返信がきた…丁寧な文面をよそに千紗子の心臓はドクドクと高鳴っていた…。
もちろん返信する気はなかったが、仕事中もあのメールが気になって仕方がない…。

しかし、千紗子も既婚者であり、妻想いの優しい旦那さんがいる。
見た目も好青年で、良き夫のはずだった…。

ダチュラ〜不倫は蜜と毒
©ダチュラ〜不倫は蜜と毒

ところが、千紗子の不可解な態度を知り目に、旦那さんの本性が徐々にあらわになっていく…。

この旦那こえ〜、真面目そうな奴ほど何を抱えているかわかったものじゃないよな。
日に日に増していく夫の疑念とは裏腹に、千紗子の高まり続ける背徳欲望…。

夫婦揃って、不倫より遥かにエグい過去を抱えてて、スリル満点の作品。

マニオ

最近読んだ不倫漫画では、イチオシ
完結も早そうだし、続きが気にな〜る

タップで画像を拡大

ダチュラ〜不倫は蜜と毒
©ダチュラ〜不倫は蜜と毒
5段階評価
ドロドロ感
3.5
背徳感
4.0
リアリティ
3.5

総評:(4.0)
カスタマーレビュー

ダチュラ〜不倫は蜜と毒
1巻

超メンヘラ妻による地獄不倫
【サレタガワのブルー】

サレタガワのブルー
  • 作者:セモトちか
  • 出版社:集英社
  • 掲載誌:マンガMee
  • 発売日:2018-12-28
  • 連載中:既刊40巻(分冊)
    2021年5月時点

漫画アプリ「マンガMee」で独占配信された超現代版の不倫漫画。

グラフィックデザイナーの「田川 暢たがわ のぶる」は在宅ワーカーをしながら家事を完璧にこなす良き夫。
外で働く美人妻「藍子あいこ」にベタのベタ惚れである。

しかしこの女がマジクソ。
夫には「のぶく〜ん」と猫なで声でご機嫌を取り、外では上司と不倫をしている。

作者自身が「奴らを地獄に叩き落とすその日までなんとか我慢してお付き合い下さい」と述べ、どのような結末になるのか目が離せない。

サレタガワのブルー
©サレタガワのブルー

見よ、こんのワッルイ顔。
読者の9割は「この女、はよ死ねや」と思っているはずだ。

作者の身の回りに起きたことを漫画にしているみたいで、とにかくリアリティがすげぇ。
なんというか、不倫の現在進行系って感じ。

夫の「のぶくん」をはじめ、良キャラはとことん良いヤツだからこそ、クズとまともの落差が激しい作品。
また番外編の「たみくんガワのブルー」がこれまた彼女がクソすぎて面白いんだよね。

男はアホだけど、女はやっぱ怖ぇわと改めて思う。

当初は、アプリでしか読めなかったものの、現在では分冊版として購入可能。
ただし、単行本は発行しておらず、電子書籍のみ

めちゃくちゃ面白いところで、長期休載に入ってしまったが、2021年5月21日(金)から復帰することが決定。
最新話を見逃したくない方は 「マンガMee」でどうぞ。

マニオ

内容はエグいんだけど、フルカラーとかわいい絵柄だから若年層でも読みやすいはず

タップで画像を拡大

サレタガワのブルー
©サレタガワのブルー
5段階評価
ドロドロ感
4.0
背徳感
4.0
リアリティ
5.0

総評:(4.5)
カスタマーレビュー

サレタガワのブルー
1巻

15年以上の積み重ねが招いた塵積不倫
【シジュウカラ】

シジュウカラ
  • 作者:坂井恵理
  • 出版社:双葉社
  • 掲載誌:ジュールコミックス
  • 発売日:2019-04-30
  • 連載中:既刊8巻
    2021年5月時点

40歳になった漫画家志望の主婦「綿貫 忍」は、出産して間もないころ、夫が不倫していたことがずっと心のどこかに引っかかている。

デビューして20年、漫画家という職業に一切理解を示さない夫に苛立ちながらも、子育てを理由に15年以上耐え忍ぶ生活を続けてきた…。

そんな時、電子書籍化により、過去作がヒット。
アシスタントを雇えるくらいに収入が潤い、目鼻立ちの美しい大学生「千秋」が応募してきた。

天然なのか、やたらと距離を詰めてくる「千秋」
しかし、この青年とこの家は無関係ではなかった…。

シジュウカラ
©シジュウカラ

この作品はとにかく子供がしっかりしている。
13歳でこういう事をハッキリ言える子に育ってくれたら、父親としてはすげー嬉しい。

そんで親父が情けねえのなんのって感じで、反面教師になる。
俺は夫婦間レイプになったら、さっさと離婚した方がマシだと思うんだよな。

だって、そうなったらする方も嫌じゃねーか?

学生の頃、パートのおばちゃんたちから、旦那さんの愚痴をかなり聞いてたんだけど、若いうちは遊び呆けて、年取って動けなくなったら、妻を束縛や監視しだすおっさんって結構いるみたいね。

昭和の人って義務感で夜付き合ってるみたいだけど、現代人はまず無理だろうな〜。

もともと分冊版の作品なので、1巻あたり100ページちょいと短め。
7巻から新章に入るんだが、ここからがまた面白くなってくる。

40代夫婦のすれ違いをリアルに代弁している作品。

マニオ

夫への嫌悪感がリアル過ぎて怖い…。

タップで画像を拡大

シジュウカラ
©シジュウカラ
5段階評価
ドロドロ感
3.0
背徳感
4.0
リアリティ
4.5

総評:(4.0)
カスタマーレビュー

シジュウカラ
1巻

女の執念が怖すぎる狂不倫
【ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜】

ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜
  • 作者:丘上あい
  • 出版社:講談社
  • 掲載誌:BE・LOVE
  • 発売日:2018-06-13
  • 連載中:既刊8巻
    2021年5月時点

女性ファッション誌の編集部に務める妻「さやか」と広告代理店に務める夫「カズ」は結婚して10年目。
稼ぎのいい夫のおかげもあり、何不自由なく暮らしている理想的な夫婦だ。

しかし妻には1つだけ不満があった…。
夫が子供を欲しがらないことである。

理由は「母親でなくずっと女でいて欲しいから」とのこと。

出た出た「女でいて欲しいから」発言。
こういうことをいい歳こいて言ってる野郎は大抵なにかあるのだが、事実なにかある…。

さらに不倫相手だけでなく、友人や会社の後輩まで不審な行動を取り始め、徐々に精神的に追い詰められていく描写がリアル。

ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜
©ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜

バレたあとも夫婦関係を続けたいなら、土下座以外の選択肢ってないよな。
言い訳が通るのは、アホな女だけだと思っている。

内容も面白いんだけど、作画も好きなポイント。
表情にめちゃくちゃ雰囲気出るんだよね。

ただの不倫じゃなくて、サスペンスやミステリー要素も結構あるから、考察しがいのある作品。

マニオ

ヒロインめっちゃ美人なのにすげー口悪くて、思わず笑ってしまう

タップで画像を拡大

ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜
©ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜
5段階評価
ドロドロ感
5.0
背徳感
5.0
リアリティ
3.0

総評:(4.5)
カスタマーレビュー

ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜
1巻

人妻の願望を具現化した不倫劇
【金魚妻】

金魚妻
  • 作者:黒澤R
  • 出版社:集英社
  • 掲載誌:
    グランドジャンプPREMIUM
  • 発売日:2017-01-18
  • 連載中:既刊8巻
    2021年5月時点

いろいろなヒロインが登場するオムニバス作品。
基本的に人妻の不倫衝動に焦点を当てているため、女性の方が刺さるかも?

とはいえ、一話完結型ではないので、1つ1つの話が後につながっていたりする。
また結末をあえて書かず、読者に委ねるストーリーも多数あり、人によって捉え方が変わるはず。

その上で男が読んでも共感できる内容もあって面白い。
ヤンキー上がりのねぇちゃんから、40オーバーの熟女、おとなしそうに見えて実は大胆な淑女など、様々な妻の心理を垣間見えて飽きないのよね。

金魚妻
©金魚妻

一方で「DV、モラハラ、半グレ」など、旦那側はこれでもかと悪く描かれている。

にもかかわらず、全体的にストーリーは軽めに仕上がっているので、不倫ジャンル初心者でも非常に読みやすい内容。
中には不倫ではなく、ハッピーエンドのストーリーも箸休め的に挟んであったりする。

今回紹介している中だと、ダントツでセックス描写は多いが、エロすはほとんどない不思議な作品。

マニオ

不倫漫画では異例中の異例、たった8巻で195万部突破という売上がいったい何を意味しているのか?と世の男性は考えてしまうよな…

タップで画像を拡大

金魚妻
©金魚妻
5段階評価
ドロドロ感
3.0
背徳感
5.0
リアリティ
3.5

総評:(4.0)
カスタマーレビュー

金魚妻
1巻

完結済み不倫漫画おすすめ5選

以下では、すでに完結した不倫漫画を5作まとめている。
また、どれも3〜7巻以内に完結するので、比較的手を出しやすい長さのはずだ。

・世代不倫
・爆笑不倫
・レス不倫
・戦慄不倫
・公認不倫

子供あり家庭の不倫漫画おすすめ5選

以下では、子供のいる家庭の不倫漫画を5作まとめている。
男女間だけの不倫であれば、さっさと別れれば済む話だが、子供がいるとことはそう簡単ではない。

読むだけで胃がキリキリしてきそうな、背徳感を味わいたい方へおすすめだ。

・疑念不倫
・ホスト不倫
・地雷不倫
・猛毒不倫
・恋母不倫

不倫未遂で済む漫画おすすめ5選

以下では、既婚者の恋愛を描いていながら、肉体関係まで発展しないプラトニックな恋愛を5つ紹介している。

現実的には難しいと思うが、なにもドロドロの不倫劇場だけが、既婚者たちの恋愛とは限らないということだ。
なかなか面白いジャンルなので、ぜひ読んでみてね。

・罪深き浮気
・すれ違い
・不倫された者同士
・愛人同盟
・セックスレス

アブノーマル不倫漫画おすすめ5選

以下では、普通の不倫漫画とは違った角度で攻めてきた作品を5作紹介している。
定番の不倫は読み飽きたという方は、新ジャンルとして開拓してみてはどうだろうか?

・サバイバル不倫
・犯罪不倫
・食後不倫
・負のカルマ不倫
・キラキラ不倫

結論
不倫漫画はコンセプトや環境別に
選ぶといいかも?

以上、不倫漫画をジャンル別に分けて5作ずつ紹介した。

不倫がキッカケでどん底に堕ちていく人もいれば、逆に幸せを掴む者もいるから不思議よね。
とはいえ代償を考えると「漫画」や「ドラマ」で楽しむくらいが一番健全である。

普通の恋愛漫画はちょっと飽きてきたなぁなんて人は、ぜひ背徳感溢れる刺激的な作品で、余暇を楽しんでくれぃ。

横にスクロールできるよ

表紙 ダチュラ〜不倫は蜜と毒 サレタガワのブルー シジュウカラ ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜 金魚妻
タイトル ダチュラ〜不倫は蜜と毒 サレタガワのブルー シジュウカラ ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜 金魚妻
巻数 連載中:2巻
2021年6月時点
連載中:分冊40巻
2021年6月時点
連載中:8巻
2021年6月時点
連載中:8巻
2021年6月時点
連載中:8巻
2021年6月時点
試し読み 1巻を読む 1巻を読む 1巻を読む 1巻を読む 1巻を読む

その他の恋愛漫画はコチラ

今月の無料作品を見てみる

不倫漫画おすすめ

ブログ更新はこちらで!!

シェアしてくれると励みになるぜ!!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメントはお気軽にどうぞ

あなたのご意見もぜひ聞かせてくれ

※日本語が含まれていないコメントは投稿できません。(スパム対策)

目次
閉じる