当サイト案内

DMMの配信サービス

DMM TV

DMM TVの詳細をみる

無料期間内に解約すれば料金かからずお試し可

カテゴリーから探す
マニオ
サイト管理人
漫画とアニメを語るためだけに作った完全趣味サイト。

【鬼滅の刃 つまらないし面白くない理由】アニメと漫画を全部見た感想

当ページのリンクには広告が含まれています。
鬼滅の刃レビュー

DMMの配信サービス

DMM TV

DMM TVの詳細をみる

無料期間内に解約すれば料金かからずお試し可

「鬼滅の刃」ブームが異常なので、今(2019・12月)になってようやくアニメ全部見て、漫画も既刊(18巻19巻20巻21巻→22巻→23巻)まで読んでいる。

当方は普段からアホみたいに漫画を読んでる30過ぎのおっさんだ。
ぶっちゃけ最近はジャンプ系を読む機会はほとんどない。
ただワンピースの不敗神話を破ったってんでどんなもんか見とくかなと。
参考:中国サイト「捜狐(そうふ)

まず「U-NEXT」でアニメを見ていたんだが、しょっぱなから全然面白くなくて、いつ盛り上がるのかなぁと思っていたら26話終わっていた……。

続きは漫画の「7巻〜」だったので、最新刊まで読んでいるものの……う〜ん、つまらない。
「これ社会現象になるほど面白いか?」ってのが正直な感想だ。

このままほっておくと、あまりにもハマらなすぎてゲロ吐きそうなので
何でハマらないのか?どこが面白くないのか?
を一度しっかり考え、吐き出しておこうと思う。

マニオ

記事下のコメント欄では、中学生〜アラフィフまで10名100名200名300名400名500名→600名以上から様々なご意見をいただいている。
(管理人もできる限り返答)
あなたも何かあればお気軽にコメントしてくれ。

★ネタバレゴリゴリ含む★※19巻までの内容
当記事は鬼滅ファンの方には何のメリットもございませんので、読む場合はご注意くださいませ〜。
☆追記:2020年11月☆
文章が読めない(意味が伝わらない)一部の方向けに本文に大幅な修正(さらに分かりやすいように)を加えた。

鬼滅の刃11巻
  • 作者:吾峠呼世晴
  • 出版社:集英社
  • 掲載誌:週刊少年ジャンプ
  • 発売日:2016-06-02
  • 完結:23巻
  • カスタマーレビューをみる

DMMブックス|キャンペーン情報

初回限定90%OFFクーポン

最大74%ポイント還元作品をみる

2024年5月20日 16:59まで

初回クーポンと併用可能

\電子マンガ読むならココ一択!!/

目次

DMMの配信サービス

DMM TV

DMM TVの詳細をみる

無料期間内に解約すれば料金かからずお試し可

ジャンプ黄金期を読んできた人はつまらないと思う

週刊少年ジャンプとは、集英社が発行している日本一の漫画雑誌である。
現在は月間200万部を割っているが、全盛期は650万部を超えるほど世の少年たちに夢を与えていた。

参考:日本雑誌協会・印刷部数公表

それゆえ当たった作品はとてつもない爆発力を持ち、一気に売れる傾向がある。
とうぜん競争率も高く、ジャンプで長期連載ちょうきれんさいできるのは選ばれし天才漫画家のみ。

その上で4年以上一度も休載することなく、描き続けてきた吾峠呼世晴ごとうげこよはる」先生は、紛れもない天才だ。
ただ単に俺がハマらなかっただけというのは重々ご承知しょうちいただきたい。

そんなマンガ界最強ジャンプは、過去に超弩級ちょうどきゅうの名作を数々生み出してきた。

ジャンプ黄金期漫画の一部
  1. こちら葛飾区亀有公園前派出所
    (200巻|完結)
  2. 北斗の拳(27巻|完結)
  3. ドラゴンボール(42巻|完結)
  4. SLAM DUNKスラムダンク
    (20巻|完結・電子書籍未対応)
  5. 幽☆遊☆白書ゆうゆうはくしょ(19巻|完結)
  6. ジョジョの奇妙な冒険
    (シリーズ120巻以上|連載中)
  7. ろくでなしBLUESブルース(25巻|完結)
  8. るろうに剣心(28巻|完結)
  9. ONE PIECEワンピース(95巻|連載中)
  10. NARUTOナルト(72巻|完結)
  11. BLEACHブリーチ(74巻|完結)
  12. 銀魂(77巻|完結)

黄金期の定義は、売上部数だけでなく、各々の青春時代の作品だと思っている。

上記はあくまで一部だ。
もちろんストーリーやジャンルはバラバラなので、本題の「鬼滅の刃」と単純な比較はできない。

しかし、このあたりを読んで大人になった俺の大脳皮質だいのうひしつには、これらの記憶が深く刻み込まれている。

そうした無意識化の記憶が「ストーリー・構成・キャラ設定」などを点と点で結んでしまい、浅く、物足りないと感じてしまったわけだ。

後述こうじゅつするが、ジャンプっ子にとって鬼滅は特別変わった設定でもなく、むしろ今までのジャンプ作品をうまく組み合わせている。

ソースが消されてしまったが、2019年鬼滅絶頂時の「news zero」インタビューを見ていると、流行りの火付け役になったのは30〜40代の女性だ。
おそらく少年誌をガッツリ読んでいた層は少ないだろう。

またストーリー構成は浅いほど、誰でも理解しやすい。
この点に関していえば、今の子供たちにウケる内容と言える。

なぜなら、現代っ子は全体的に「読解力どっかいりょく」が落ちてきており、漫画といえどあまり複雑な話を好まない(理解できない)傾向があるからだ。

参考:AIvs.教科書が読めない子どもたち

こういった点を考慮すると、時代をとらえた作品とも言えるだろう。

もしこれが作者や編集者のマーケティング戦略だとすれば、自分を含め、ジャンプ黄金期を熟読してきた男性層はターゲットから大きく外れており
「つまらない、面白くない」と感じてしまうのもいたし方ないと思った。

なぜストーリー構成が面白くないと感じたのか?

鬼滅の刃

鬼滅の刃」の基本構図は「人間」VS「鬼」
主人公「炭治郎たんじろう」の一家はある鬼に惨殺ざんさつされるも、妹の「禰豆子ねずこ」だけが鬼化して生き延びる。
その妹を人間に戻すために奮闘ふんとうする物語。

で、面白くない一番の理由は、総じて主人公に都合が良すぎるから。

例えば妹の話1つとっても、人間に戻すことが最終目的ならば、それまでの困難こんなん逆境ぎゃっきょうの総合値に応じて、戻った時に感動を覚えるものだ。

ところが本作は最初の方に少し暴れるだけで、そこから2年間眠って、起きたらある程度の理性を取り戻している。

基本的に他の鬼は人間を喰うか、殺すことしか考えていない。

その理由が

2年間寝ている間に鱗滝うろこだきってジジィが「暗示」をかけた。

「人間は皆お前の家族だ、人間を守れ、鬼は敵だ」
「人を傷つける鬼を許すな」

人を喰う代わりに眠ることで体力エネルギーを回復。

※つまり鬼になってから数年以上何も喰わずに過ごしている。

人を喰わないように竹の口枷くちかせをしている。

※呪印とかがあるわけでもなくただの竹。

はっ?こんなヌルい設定で人間に戻したとして、読者はどこに何を感じればいいわけ?

第一話では、今にも人を喰い殺しそうな目つきと風貌で「おっいいね〜」と観ていたが……

禰豆子(ねずこ)

その後の「禰豆子」はこんなに可愛くなってしまう……。

禰豆子(ねずこ)

オイオイオイ、可愛さとかいらないんだよー、最初の狂った禰豆子はどこいったんだよー。

鬼になってから喋ることはできなくなったが、ジェスチャーでやりとりできるほど……(後々少し話せるようになる)

俺的には、もっと日常的に妹が暴れて「炭治郎」をボコボコにするとか、キーマンの人間に襲いかかってしまうとか、最悪喰っちゃうとか、そういった生き地獄エピソードが欲しいわけ。

そうじゃないと「妹を人間に戻す」っていう本題の軸がズレて大変さとか辛さがまったく伝わってこない。

マニオ

この先”人間に戻るにしろ””死ぬにしろ”そこまでの過程がヌルゲーなんだから、感情移入できねーって。

こんなのは氷山の一角で、とにかく全体的にストーリーが練りこまれていないし、ミラクルビーチフルスーパーバリバリご都合主義だから面白くないと感じた。

※俺が本当に面白いと思った鬼マンガはこれ。

全キャラの過去篇が浅いので全く共感できない

面白い漫画の過去篇は必ずといっていいほど盛り上がる。
なんなら本編を超える話も往々にしてあるものだ。

鬼滅の刃に出てくる鬼は元人間であり、事情があって鬼になったパターンが多い。
「柱」になるような奴らも皆何かしら抱えているが、どいつもこいつも話が浅すぎる。

例えば「鬼殺隊」最強の男「悲鳴嶼 行冥ひめじま ぎょうめい」の過去は……

盲目もうもくの優しいガリ男が身寄りのない子供9人を寺で育てている。
血のつながりはなくとも本当の家族のように暮らしていた。

ところがある日、言いつけを守らず夜になっても寺に戻らなかった1人が鬼につかまってしまう。
その子は保身のため他の家族を喰わせることを約束。その夜、鬼に襲撃され結局1人しか助からなかった……。

信じていた子供に裏切られたのも辛いだろうし、目の前で子供たちが殺されていくのもこくだと思う。
しかし、1人だけ助かった理由が「悲鳴嶼ひめじま」がキレて夜明けまで鬼を殴り潰し続け、朝日を浴びて消滅したからなのだ。

基本的に鬼のスペックは人間をはるかに凌ぐ。

そして救った子供は4歳だったので混乱し、駆けつけた大人に「みんなあの人が殺した」と言ってしまう。
子供たちの亡骸なきがらだけを見た人々は「悲鳴嶼」が殺したと思い投獄されてしまったって話。

マニオ

え?ちょ待って?目が見えず喧嘩もしたことねー男がいきなり鬼に勝っちゃうの?しかも素手で?1mmも共感できねーわ。
あと最初から盲目設定は無理があるだろ。
そこは鬼と戦って目潰されたってことでよくねーか。

実は似たような話が「るろうに剣心安慈あんじ和尚の過去篇だ。

安慈もまた、身寄りのない子供を自分の寺で預かり、面倒を見ている。
「仏様はいつも私たちを見ている、だから祈ろう」とニコニコしている優しい僧侶だった…。

安慈(あんじ)
©るろうに剣心|13巻

ただ当時は廃仏毀釈はいぶつきしゃくにより、仏教とかやってる奴は殺すぞ?寺とか壊すぞ?的な感じだったので、このお寺は村長からマークされていた。

そんなある日、村長から直々に村から出ていくように言われ、移住を余儀なくされてしまう。

その帰り道、村長の付き人が
相手はボロ寺の貧乏坊主と小汚ェ親無し共、どんな風に扱ったってどこからも文句出ねェっしょ
とか言い出し、子供達が寝ている夜更けに寺に火を放つ鬼畜きちく所業しょぎょうを決行。

ちょうどこの時「安慈あんじ」は滝行中で、気配を感じ急いで戻るも、寺の入り口付近で頭を殴られ気絶してしまう。

うすれゆく意識の中
御仏みほとけよ…この子達こたちはこれまでずっとつらおもいをしてきた…どうかこれからは幸多さちおお未来みらいを…どうかこの子達こたち御加護ごかご
と必死に願った……。

しかし朝方意識を取り戻すと、寺は全壊ぜんかいし、子供達は全員焼死しょうし
「…何故?何故この子達を見捨てたもうた……」
と初めて仏像を殴りつける。

そして、祈りや願いなどでは誰一人救えないことを実感し、ブチギレて優しい和尚から仏の道を外れた「破戒僧はかいそう」となり復讐を決意。

安慈(あんじ)
©るろうに剣心|13巻

そこから5年修行をして、火を放った奴らを皆殺しにする。
この頃にはガタイも2倍くらいになって、人間の頭を素手で潰せる怪力および、対象物に高速の二撃目を加える破壊の極意「二重ふたえの極み」を会得していた。

たぶん修行して1年も経つ頃には皆殺しにする力はあったと思う。でも5年なんだよな。
子供達を殺された傷はそんな簡単に癒えないだろうし、己の甘さを完全に消しさり「破戒僧」になってから復讐を果たしに行っている。

るろうに剣心1巻
  • 作者:和月 伸宏
  • 出版社:集英社
  • 掲載誌:週刊少年ジャンプ
  • 発売日:1994-09-30
  • 完結:28巻
  • カスタマーレビューをみる

DMMブックス|キャンペーン情報

初回限定90%OFFクーポン

最大74%ポイント還元作品をみる

2024年5月20日 16:59まで

初回クーポンと併用可能

ブチギレたからって急に強くなったりしないし、想像を超える悲劇ひげきに襲われれば、修羅の道にちてしまうほど人間は弱い生き物なんですわ。

これくらいの背景をしっかり描くからこそ、読者は共感し心動かされるわけだ。

悲鳴嶼ひめじま」の話に戻すが、もとから強い奴が筋トレして、さらに強くなりましたってエピソードの何がおもしれーの?
最強のキャラがそんな雑な設定でいいのかよ。
もっと地獄を乗り越えてこいやと。

こんな感じで鬼ふくめ主要キャラの薄い過去篇を一人一人やってしゃくを取る割に、結局この物語に真の悪党はいないんでっせ〜風に持ってかれるので、ストーリーに緩急かんきゅうがない。

せっかく良い食材を見つけても、最後は全部カレーの具材としてぶっ込んじゃうわけ。
こちとら100g1万円の肉を味わいたいのに、毎回カレー出されてる気分。

食材(ストーリー)と食材(ストーリー)が混ざり合って、1つ1つの味が薄くなる=これといった衝撃的なエピソードがない。

というわけで、過去篇大好きマンとしては、もっとしっかりキャラの役割を分けて欲しかった。

全体的に戦闘力の設定が崩壊しているのでワクワク感ゼロ

鬼滅の刃(柱集合)

先ほどから出てきている「柱」は人間側最強の9人だ。
つまり現時点では強すぎる鬼を倒す唯一ゆいつの希望でもある。

そんな「柱」の1人が手を縛られた状態の主人公に頭突きかまされて出血した時は「????」でしたわ。

イヤイヤイヤ、もっと圧倒的であれよ。
「炭治郎」なんか小指で倒せよ。
なんなら気迫のみで黙らせろよ。
それがあって初めて「おぉー柱すげー」ってなるんじゃねーのかよ。

ネタバレになるが、単行本18巻では「柱」と「炭治郎」の力の差はほぼなくなっている。
キャラによっては「炭治郎」のが強いんじゃね?ってレベル…。

あと鬼ども、お前らもっと強えーだろ?主人公だからって遠慮すんなっ!!本気を出せ本気を。
世の中、気合いや運だけじゃどうにもならねぇ理不尽なこともあるってのを世の少年たちに教えてやるのがお前らの役目だろ。


ワンピースで冥王に2年も修行つけてもらって、四皇の幹部と死闘を繰り広げて、めたクソ強くなったと思ったルフィが「カイドウ」に一撃でやられた衝撃。


幽遊白書で幽助が魔族の血に目覚めて、S級レベルの仙水を子供扱いして、最強になったかと思いきや魔界にはS級なんてゴロゴロいて、1000年飯食ってない死ぬ寸前の親父を椅子から動かすこともできなかったラスボス感。


BLEACH藍染 惣右介あいぜん そうすけがちょっと本気出したら同じ隊長格の狛村 左陣こまむら さじんを鬼道の一撃で仕留めた格の違い。

マニオ

こういう圧倒的な絶望感や無力感が「鬼滅」にはないんだよな。
ちょっと修行しただけで強くなりすぎちゃうし、主人公が全然負けねーからワクワクしねぇ。

漫画だと技の見せ方が下手すぎてストレスを感じる

鬼滅の刃は絵が下手だから無理って声もよく聞くが、俺はそうは思わない。
これくらいの作画は世の中ゴマンとあるし、普段の描写はそんなに気にならない。

しかし、敵も味方も「技」を発動するシーンでは何をやっているのか全然わからないのである。
これは絵が下手なのではなく、見せ方が下手だと言っていい。

戦闘シーンは、もっとも盛り上がる場面なのに、それがわからないのは致命的ちめいてきだ。

上記の技の終わりから見るに、居合いを打ち合ったシーンだろう。
※解説のため「鬼滅」の中ではかなり分かりやすいシーンを抜粋&前後の文脈は無視している。

もちろんこれくらいの作画であれば、想像もつくし、読んで字の如く遠い雷と書いて「遠雷えんらい」なので、遠い間合いから雷の如き速さで距離を詰める技と仮定できる。

しかし、このバトルシーンは鬼滅の中で分かりやすい部類だ。
その他のシーンはあまりにも酷すぎて、引用すると悪意を感じさせてしまうため、あえて避けている。

例えば上記のシーンでも、直後の「善逸ぜんいつ」のコマで「何?あの間合いから一瞬で詰めてきやがった」って心境を入れたり
敵の「獪岳かいがく」が「ここから一瞬で距離を詰める俺の遠雷をくらえ」みたいなナレーション的な説明を入れることもできる。

そもそも漫画の強みとは、文字(読解)と作画(視覚)両方でバランスを取れるところだ。
作画が苦手なのであれば「解説」を足すことで、より多くの読者に訴えかけることができるということ。

リサリサ
©ジョジョの奇妙な冒険・第2部

さらに具体例を出すなら、ジャンプ史の中でも特に技(状況)の説明に力を入れているジョジョの奇妙な冒険だろう。

★豆知識★
鬼滅に出てくる全集中などの呼吸法は、ジョジョの「波紋呼吸法はもんこきゅうほう」から派生している。

そりゃ読み手としては絵で見せてもらえた方が嬉しいが、漫画家さんだって得意不得意はあるだろうし、誰もがわかりやすくキレイな絵を書けるなんてことはありえない。

だからこそ、ジョジョのような一手間(週間でここまでやるのは大変だが……笑)をかければ、視覚で理解できなくとも、読解できるようになる。

まぁこの辺の細かなニュアンスは漫画を読みすぎてきた故の弊害へいがいというか、バランス感覚というか、思いっきり主観であることは否めない。
とにかくアニメで見て「あぁこういう感じの技だったのね」てわかるものが多いのは事実だ。

さらに俺の場合は頭の中で模擬対戦もぎバトルをしながら読むのが好きなもんで「A」に対する返し技「B」それをかわして「C」さらにカウンターで「D」みたいな。

漫画では「技」の動きがほぼわからず、これができなくてストレスを感じた。
ただ「ufotable」のおかげもあり、アニメではよくわかるどころか普通に神ってる技もあるのは言っておく。

特に気に入ってるのがアニメ17話で「善逸ぜんいつ」が放つ「雷の呼吸 壱ノ型 霹靂一閃へきれきいっせん・六連」のシーン。
ここは厨二心をくすぐられるのでアニメ好きの人は見る価値ありだ。

ギャグが破壊的に面白くなくて眉間のシワが戻らない

ギャグシーンはマジで面白くない。
いくら子供向けに書いているにしてもしつこ過ぎる。

特に「善逸ぜんいつ」がヒーコラ言ってるシーンは漫画なら読み飛ばせるが、アニメだと地獄絵図そのもの。

マニオ

善逸のギャグシーンを平均すると1シーンに付き、約28秒もふざけてるわけ、だから「あぁウルセェ〜」しか感想が出てこない。

いやね、ギャグシーンが面白くないのは鬼滅の刃に限ったことじゃなくて、「ワンピース」だろうが「HUNTER×HUNTER」だろうが面白いと思わないよ。

けど、他のは尺が短かかったり、仲間全体でバランスを取るから適当に流せて嫌味がない。
仲間全体ってのはワンピースでいえば(ウソップとルフィとサンジ)・(ナミとゾロとルフィ)みたいな感じ。

それが1人で延々ふざけてるわけだから、眉間に寄ったシワが戻らないのである。

ちなみに、俺がジャンプで一番笑った記憶は
「銀魂」46巻・第四百二訓〜始まる
「ビームというひびきはあらゆるもののハートを射抜いぬく」だ。

ちょこっと解説すると、スターウォーズの

  • オビ=ワン・ケノービにかけて「尾美 一おび はじめ」と書いて「オビワン」と読む発想力
  • ライトセーバーにちなんで剣術流派を「ビームサーべるー」にした着眼点
  • ソードマスターをもじって「銀河剣聖ギャラクシーソードマスター」という絶妙な語呂

にはマジで爆笑した。

これだけふざけた入りで、オチは号泣に持ってくるあたり「空知先生」の変態(天才)さが遺憾無いかんなく発揮されているので、未読の方はぜひ読んでみてほしい。
※スターウォーズを全く知らなくても面白いよ。

鬼のラスボスがクズ&ダサすぎて魅力なし

俺は味方よりも敵の設定こそこだわった方がいいと思っている。
なぜなら善悪ぜんあくの高低差によって正義の意義も変わってくるからだ。

ましてラスボスなら、単なる悪では魅力的にならず、悪の中のカッコ良さをどう見せるか?
具体的には「怒り」の矛先ほこさきをどこに向けているかで、共感値やファン層はほぼ決まってしまう。

要するに、敵が輝けば輝くほど、魅力的であればあるほど、相関関係により味方も輝くということだ。

鬼舞辻無惨(きぶつじ むざん)

鬼滅の刃のラスボスは「鬼舞辻 無惨きぶつじ むざん」なわけだが、圧倒的な強さに加え、見た目は悪くない。
でも中身がクソオブクソ。目的もやることも何もかもがダセェの一言。

ダサいなりにギャグキャラなり、イカれサイコキャラに振り切っているならいいが、どっちでもない中途半端キャラ。

正直「無」の感情しかない。この先は全く興味のないキャラを無理やり考察した。

無惨様のクズダサエピソード
  1. 酔っ払いの兄ちゃんに軽く絡まれただけでブチ切れてその場にいた3人を全殺し。
  2. 鬼の中でも上から7番〜12番目に強い下弦の奴らを集めて1体を残し、他は理不尽に全殺し
  3. 柱を1人殺したと報告に来た部下に対し「たかが柱を始末したから何?鬼が人間に勝つのは当然だろ」というブラック企業の上司ばりのクソっぷり
  4. 病床で今にも死にそうな鬼殺隊当主と初めて言葉を交わした時に出てしまう圧倒的ザコ感

例えば、2番目の下弦の鬼集めて全殺しした時は、「なんでお前らそんな弱いの?お前ら役に立たねーからいらねーわ」っていう鬼パワハラを振りかざして全殺し。

3番目の「鬼が人間に勝つのは当然だろ」ってセリフ、ここだけ聞くと悪くないが、コイツは普段から「鬼殺隊」にめちゃくちゃブルってすぐ逃げるような奴なんですわ。

こんな感じで終始小物しゅうしこものっぽさが前面に出ている。何千年も生きた経験や知識・知恵がある分、普通に考えたらチートキャラのはずが、オーラも知性もまるで感じないヘボ野郎

基本的に自分のことしか考えていないので、何度見返しても魅力は0のまま。

無惨が小物でワガママで成長できない理由

出てくるたびに自身の株を下げ、コイツはもうどうしようもねぇなっと思っていた矢先、12巻の22ページに違和感の正体が載っていた。

鬼舞辻無惨(きぶつじ むざん)
©鬼滅の刃12巻|集英社

無惨は”変化“を嫌っているのだ。
「状況・肉体・感情」あらゆる変化は劣化れっかでありおとろえだと考えており、逆に完璧で永遠に変わらない”不変“を望んでいる。

鬼滅の刃は大正時代を舞台にした物語、当時は第一次世界大戦(大正3年)が起こり、日本の産業革命が大きく進んだ時代だ。

この激動の時代に「不変」などと耄碌もうろくしているバカは無惨ただ1人くらいだろう。

かのチャールズ・ロバート・ダーウィンもこう述べている。

It is not the strongest of the species that survives, nor the most intelligent that survives. It is the one that is most adaptable to change.
訳:生き残る種とは、最も強いものではない。最も知的なものでもない。それは、変化に最もよく適応したものである。

引用:名言+Quotes

鬼殺隊きさつたいは常に鍛錬たんれんを重ね「柱」ともなれば、己の寿命すら犠牲にし、わずか二十数年で生涯の幕を降ろす者もいる。
そこまでしなければ鬼との圧倒的な戦力差を埋められないからだ。

限られた時間の中で、粉骨砕身ふんこつさいしんする者たちと半永久的な時間があり、人を喰うだけでパワーアップし、変化=おとろえとしか考えられず、誰からの助言もない裸の王様では品性に差が出てしまうのも当然と言えるだろう。

独裁組織どくさいそしき最大の欠点は、俯瞰ふかんの視点から見てくれる者がいないことだ。
したがって「無惨」は小物であることをこの先も自覚できないし、力だけが増幅していき、心は成長しない典型的な老害といえる。

鬼滅の刃に対するネット(Twitter)の声

面白い派

つまらない派


上記はそれぞれのキーワードで検索した中から適当に抜粋した。

検索して気づいたが「おもしろい」と言っている人は「なぜおもしろいか?」を語っている人が異様に少ない。
また当ブログに引用されたからか、投稿を削除する方も多い。

断っておくが、俺は鬼滅を面白いと言っている人を批判しているわけではない。
ただ単に俺にこの作品が合わなかっただけだ。

面白いと思うなら、堂々と胸を張り発信すればいいし、他人の意見に流されず、自分の芯を持ってもらいたいと思う。

逆に「面白くない」の検索結果は、それなりに理由も述べられていて、多くの他作品に触れてきた傾向が見て取れる。

結論:鬼滅の刃は子供と漫画・アニメビギナー向けの作品

以上が鬼滅の刃にハマらなすぎて、いろいろ吐き出さないと窒息死ちっそくししそうだった俺の感想だ。

一言でいうと「子供・漫画ビギナー」向けの作品かな。
少なくとも、多ジャンルを読む漫画狂が人気にあやかると拍子抜ひょうしぬけする可能性大。

もちろん鬼滅ファンを否定する気はないし、誰が何を好きになるかは自由である。
アンチだなんだと低次元の話をしたいわけでもない。

ただ「鬼滅の刃」キッカケで、他作品にも興味を持ったり、ハマってくれたらオタク産業がより盛り上がるので嬉しいなぁと思っている。

※この記事の一番下にコメント欄があるので、あなたのご意見もぜひ。
10代〜50代まで10名100名200名300名400名→500名以上の方々が参戦して盛り上がってまっせ。(内76件管理人返答)

鬼滅の刃11巻
  • 作者:吾峠呼世晴
  • 出版社:集英社
  • 掲載誌:週刊少年ジャンプ
  • 発売日:2016-06-02
  • 完結:23巻
  • カスタマーレビューをみる

DMMの配信サービス

DMM TV

DMM TVの詳細をみる

無料期間内に解約すれば料金かからずお試し可

鬼滅の刃レビュー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてくれると励みになるぜ!!
  • URLをコピーしました!

コメントはお気軽にどうぞ

コメント一覧 (727件)

  • 攻殻機動隊とAKIRAが大好きな私としては、終始薄寒さを感じながら読むことになりましたが、半分寝ながらでも理解できるストーリーなのは逆に魅力なんじゃないかなと思います。
    名探偵コナンや、アンパンマンみたいな安心しながら見られる作品というのも、世の中には必要なのかなぁと。

    • しゅー様

      > 半分寝ながらでも理解できるストーリーなのは逆に魅力なんじゃないかなと思います。安心しながら見られる作品〜

      もちろんブームになってる以上、そこについてはなんとも思ってませんよ。

      別に私はアンチじゃないですから。

      作品の存在に言及してるわけじゃなく「俺はこの作品読んでこう思ったけど、あなたはどうだった?」

      と同調圧力で肩身狭い人やモヤモヤしてる人が思いを綴りやすい場を作る

      記事が多くの人の目に触れる

      議論が起こる

      鬼滅ファンの目にも触れる

      他作品を知るキッカケになる

      みたいに鬼滅ブームを一過性で終わらせない施策みたいなものですね。

  • ジャンプ漫画は沢山読んではいませんが、鳥山明先生の漫画が好きな20代です。
    初めて鬼滅の刃を読んだのは2017年頃です。2020年の現在ほどではありませんが、当時のネット上では「わかる人にはわかる隠れ人気のある漫画」という立ち位置だったかと記憶しています。
    この場を借りて書かせてもらいます。
    鬼滅の刃はキャラクター人気がある点では王道少年漫画としてはクオリティが高いと思いますが
    ストーリーには面白みを感じませんでした。
    1話で禰豆子が鬼に変貌してしまい、その後も「いつまた凶暴化するのだろうか」という危険性を孕んだ話だと信じていました。しかしこの記事で仰られているように、禰豆子はマスコットのように可愛くなり、主人公の「妹を人間に戻してやりたい」という動機にも強い説得力が見当たらないのです。
    更に善逸というキャラクターが登場してからは鬼退治することへの緊張感も一気に薄れていったように思います…
    説明するモノローグ(心情を語るあの四角い吹き出しのようなもの)が多いことや
    戦闘描写があまり上手くないのも
    その種の漫画が好きな者としては、エフェクトや表情や構図などがいちいち気にかかります。ページをめくるスピードが、良くない意味で落ちることが何度かありました。
    鬼滅の刃は全体的に苦手ではあるのですが、好きな部分もいくつかあります。
    例えば
    ・遊郭編での主人公と敵それぞれの兄妹の対比
    ・無惨様があまりにも矮小なボスなので
    逆に新鮮でユーモラス
    ・珠代様というキャラクターから他の漫画家では中々描けない気品さを感じる
    ・作者の短編集を拝見したのですが
    作風や言葉の選び方が大人びておりまるで漫画雑誌ガロのようである
    鬼滅の連載が終わったら青年誌の方で活躍して欲しい才能がある
    …などの点が素晴らしいです。

    長文を読んでくださりありがとうございました。
    私も含め皆さん独自の意見をお持ちのようで楽しく読ませていただきました。
    好き嫌いがあるにせよ、この漫画には妙な引力が備わっているという証拠なのですかね。

    • 笹の葉様

      いいですね。こうして多角的視点から物事を見れる人だとこちらも話しやすいです。

      何も全否定してるわけでなく、好きな部分もあるけど、全体的に面白くなかったってだけなんですよね。
      あくまで批評なので「わかりやすく、ユーモアを交えて」エンタメ記事に落とし込んでるんですけど、理解できない人は理解できてないようです。

      これはアンチ記事だ「キーッ」みたいな感情論全開で咎めてくる人もいますが、どうして二元論でしか物事を考えられないのかな〜と思ってます。笑

      こうして普通に話せば、自分と違う視点や情報を学べたりして面白いのになぁと。

      例えば、吾峠先生の「短編集」は読んだことなかったので、このコメント見て即効ポチりましたもん。笑
      今から読んでみます。

      「バイちゃ」

  • 50代男性です。幼少から漫画・アニメはかなり見倒してきましたので、「鬼滅の刃」もこれだけの話題作品は見ておかないとな、で昨日アニメ1話から見始めたのですが、5話で力尽きました。マニオ様の考察、客観的な立場で評価しておられて、この先も期待できないのが想像されましたので、もう見ることはないような気がします。とにかく設定が一貫してないのは見ていてストレスがたまります。

    しかし、これだけの人気になったのには理由があるはずで、おっしゃるように「漫画を読み込んでない層」の多人数にアピールするような背景の設定・ストーリー展開・キャラ設定を(AI等を使って?)分析しきったマーケティングで提供しているのだとしたら、恐ろしいですね。漫画版ハリウッド映画と言いますか・・・・

    個人的に、最初に設定したクライマックスの設定がブレてない傑作だと思う漫画作品は「バンパイア」「デビルマン」「漂流教室」「AKIRA」「進撃の巨人(未完ですが)」などでしょうか。
    「鬼滅の刃」は人気作品になってしまったので、今後、「北斗の拳」におけるアフター・ラオウみたいな展開になって行くのでしょうね。

    • 花形様

      いやぁこういうコメントが一番嬉しい。
      文章を読んだだけで、深い視点をお持ちなのが伝わってきます。

      正直、好き嫌い・信者とアンチみたいな二元論でしか話せない人は退屈なんですよね。
      せっかく空前のメガトレンド(流行り方)なんだから、経済とビジネスの視点でも語ろうぜと。

      >マーケティングで提供しているのだとしたら

      現状だとまだAIを導入しているとは考えにくいですが、マーケ感覚に優れている編集者(箕輪みたいな)なら、ターゲットを絞ることくらいやってると思うんですよね。

      >「鬼滅の刃」は人気作品になってしまったので、今後、「北斗の拳」におけるアフター・ラオウみたいな展開になって行くのでしょうね。

      もしくは早ければ来年、再来年には人々の記憶から消え去ってるかもしれませんね。

  • 私も子供に付き合ってなんとか全巻読み、違和感しかなかった者です。
    しかし、ジャンプではワンピースすら既に読めないレベルに感じる40代なので、筆者さんより重症です。
    青い彼岸花はエイジャの青石、ラストシーンは無惨が地中深く埋められて「考えるのをやめた…」でキマリ!!…なーんてキメツをディスりすぎて子供とケンカになりました。
    出会って間もない炎柱?の死をまるで王騎将軍や狼刃将軍のの死のように主人公が思い出すのに首をかしげ、ギャグとシリアスの調和…ハーメルン懐かしい…なんて、懐古主義が次々出てきて全く集中できませんでした。
    細かい設定がオマケページに書いてあったり、技の属性が戦闘で何の意味もないことにも驚き、高学年の子供に言ったところ、「そんな設定いちいち色々あったら面倒くさくて楽しめない。」との言葉…。さすが、ポケモンですら戦闘ナシの世代…。
    先日、満を持して子供に「うしおととら」を読ませたところ、「読むのに疲れる。」と2巻で挫折。スマホゲームとYouTube、ケータイ小説に慣れてしまうと、プロが死ぬ気で書いた昔の漫画は、もはや小説並みに読むのにスキルが必要なのかもしれません。
    ま、ようは私も年をとったということです。キメツからすりゃ、「お前らはビックコミック読んどけ!」でしょうね。
    さ、我々は昔への忠誠心で北斗のパチスロでもやって、ジョジョリオン買わなきゃ。

    • 年をとるとはこういうことか。様

      文才ありますね。
      ちょー笑いました。笑

      十数種しかない技の属性設定すら面倒とは、大変な世の中になったものですね。

      もうすべてが

      「無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄」

      なんでしょうね。笑

  • 漫画アニメ好きの20代です。僕は鬼滅の刃面白いと思います。ただ社会現象になる程面白いとは思いません。いろんな漫画アニメを観てきた中で鬼滅の刃と同じくらい面白いものはいくつもあるし鬼滅の刃よりも面白いものはいくつもありました。
    よくニュースなどのインタビューなどで鬼滅の刃の良いところとしてキャラクター一人一人の物語に感動してとか言う人がすごく多いと思うんですけどそんなの他の作品だっていっぱいあるわと思いながら僕は見てます。
    鬼滅の刃の良いところってわかりやすいストーリーと設定だと思います。一般の漫画をそこまで普段から読まない人たちにとってはすごく流れるように読める作品だと思います。子供たちにとってもいっぱい必殺技が出てきて悪い鬼を倒すストーリーはわかりやすくて良いと思います。ただ漫画アニメを普段から多く見る人たちにとってはもう一つ刺激が足りないというかもっと深みのあるストーリーの方が好きな方が多いのかなと思います。ただ深みのあるストーリーになると個人の好き嫌いの差は結構でちゃう気がするので結局これくらいのストーリーと設定がいいのかなと思うし一般の方や子供たちにもわかりやすいものだからこその人気かなと。
    この漫画嫌いってなりづらい漫画なんじゃないかなと思いました。
    ここまでいろいろ書いてきましたけど結局は芸能人の力が一番なのかなと心の底では思ってます。芸能人がテレビでオススメしてたら一般人はそれなりに興味持ちますからね。
    長々と書きすぎてもう自分でも何言ってるのかよくわかんなくなりました。
    ごめんなさい

    • ヒッキー様

      >鬼滅の刃の良いところってわかりやすいストーリーと設定だと思います。
      たとえばどの辺が分かりやすいストーリーなんですか?

      >一般の漫画をそこまで普段から読まない人たちにとってはすごく流れるように読める作品だと思います。
      流れるように読める作品と読めない作品の一番の違いは?

      >子供たちにとってもいっぱい必殺技が出てきて悪い鬼を倒すストーリーはわかりやすくて良いと思います。
      他作品とはどこがどう違うのでしょうか?

      >ただ漫画アニメを普段から多く見る人たちにとってはもう一つ刺激が足りないというかもっと深みのあるストーリーの方が好きな方が多いのかなと思います。
      玄人が求める刺激とはどんなものがあるでしょう?
      また深みのあるストーリーとは?

      >ただ深みのあるストーリーになると個人の好き嫌いの差は結構でちゃう気がするので結局これくらいのストーリーと設定がいいのかなと思うし一般の方や子供たちにもわかりやすいものだからこその人気かなと。
      なぜ深みがあると好き嫌いが出てしまうとお考えですか?

      >この漫画嫌いってなりづらい漫画なんじゃないかなと思いました。
      その割に過激なアンチも見受けられますが、それについてはどうお考えですか?
      また「好き嫌い」と「面白い面白くない」は別物だと思いますがどう思います?

      >芸能人がテレビでオススメしてたら一般人はそれなりに興味持ちますからね。
      有名人が勧めると大衆が動いてしまうメカニズムを具体的に教えてください。

      なーんて少し意地悪な質問をしましたが、上記のようなことを言語化すると説得力のある文章を書けるようになります。

  • 初めましてマニオさん
    鬼滅の刃つまらなくはないけど
    なんか物足りないなて思ってた
    時に
    この記事見つけました

    確かに物足りなさや
    ちょっとワクワク感はないかもですね
    つまらなくはないんですけどね

    まず炭治郎や善逸、伊之助けを
    作者さんは全面的に出したいんだろうなと思うですが
    3人の急激な成長にまず
    ?が浮かびます
    いつどこで
    これだけの成長したの?的な感じで
    【漫画で出てきた柱による特訓は除きます⠀】

    それと炭治郎と同期の接点が浅すぎ
    な気がします
    善逸や伊之助に関しては多少絡みがありますがカナヲに関しては(^ω^;)

    カナヲが炭治郎を心配しするシーンが漫画で
    出てきますが
    どの辺で炭治郎とカナヲの距離が縮まったのかよく分かりません
    【カナヲとしっかりと話してたのは炭治郎がカナヲに退院の挨拶に行った時ぐらいでしょうかね⠀】

    漫画で善逸が新しい型で
    鬼になった兄弟子を倒してますが
    ここでもハテナが浮かんでしまいます
    いつどこで技を編み出したのかな的なやつですね
    【善逸が師匠のところに行ってなにかヒントをもらって的なシーンがありそのシーンで技が未完成だったけど兄弟子の戦いで完成したとかならおーてなるのですが(^ω^;)⠀】

    炭治郎達の階級の上がり方も早い気がしますね

    十二鬼月との戦闘シーンはもっとあってよかったと思いますね
    下弦の鬼が累以外無惨の手でしんでしまうよりかは
    炭治郎達と戦っての方が良かったのかなと思います

    ちょっと色々ありすぎてキリがないので
    最後にこうした方が良かったんじゃないかなと思うこと書きます

    禰豆子が珠代さんの薬で人間に戻ったのはいいとしましょう
    ただ戻し方にもちょっとした工夫をして欲しかったなと思います
    【自分は今出てる巻までしか読んでないので禰豆子が人間に戻った話はTwitterなどの情報によるものです】

    例えば
    無惨の目の前で禰豆子が人間に戻るとかですね

    そもそも無惨は
    太陽の下でも行動できるようになるためにあるものを探していたさなかに
    禰豆子が陽の光を克服して
    禰豆子が欲しいとなってるいるわけです

    ならば1度禰豆子は無惨にさらわれるべきなのかなと思います
    そして禰豆子が無惨に食べらる瞬間に炭治郎達が登場
    禰豆子に珠代さんの薬を与え
    人間に戻るまでの時間を稼ぎ
    無惨のやぼうを打ち砕き
    なおかつ無惨にも人間に戻す薬を与えみたいな方が盛り上がると思うですよね

    出来れば
    そこまでに行く間に
    無惨との接触は最低でも
    2回はあった方がいいのかなと
    1回は珠代さん達と会った時ですね
    2回目は無惨が珠代さんの薬作りの妨害するのを阻止に現れて2度目の接触的な感じですね
    【炭治郎はこの時点で珠代さんの薬以外では禰豆子を人間に戻すことは出来ないと知っています
    それは御館様に無惨を殺せば鬼は全員死ぬと聞かされているからです】
    みたいな感じの方が良かったなと思いました

    なんか最後のは
    作者に意見する感じの文になってしまいました(^ω^;)
    長々と書いてしまいましたが
    テンポが早いのはいいのですが
    もう少し伏線を回収しつ炭治郎達を
    十二鬼月と戦わせて成長さしてから
    無惨との最終決戦まで行っても良かったのかなと思います

    • 屁理屈野郎様

      本誌の方は読んでないので、分かりませんが、個人的に無惨との接触は無惨とわからない形でも良かったのかなぁと思いました。

      炭治郎の嗅覚設定は一旦置いといて、実は普通に接触してたのが無惨だったのかぁぁぁ!みたいな。

      読者にも誰が無惨かわからない感じにして、最後に予想の斜め上で攻めてきてくれたら、結構楽しめたかもしれません。

  • アニメ10話まで見ました。
    原作から打って変わって作画凄いですね。
    集中せず流し見で見たせいもあるかもしれませんが全く感情移入出来ませんでした。
    ダイジェストみたいに退屈な修行編入れてる癖に型の描写が全く無いのが謎。
    ギャグの差込みが寒いのは私も感じました。
    猪突猛進ニキが出てきたら面白くなるんかな…

  • 21の女です
    私は鬼滅の刃は好き寄りの普通ぐらいの好感度ですが記事の内容には概ね同意しました。特にギャグが寒いのに関しては強く同意できましたwアニメで善逸が出てくる度に本当にうんざりしましたww

    以下は個人的な作品に対する考察です。
    鬼滅の刃という作品が売れている・人気が出ている要因として女性層によるキャラのアイドル的な楽しみ方があると思います。特に人気が集中している柱は個性豊かな美男美女が出てくるので、バトル漫画ではありますが、キャラで萌えるというのが安易に行えるのかと思いました。また、過去編は浅いですがそれが逆に想像が掻き立てられて二次創作や考察なども活発になっているんだと思います。言い方は悪いですがキャラを表面的に見て自分たちで盛り上がるのには打ってつけの作品だなと思いました。
    鬼舞辻無惨なども筆者さんがおっしゃっているようにクズで無能な所があまりにも酷すぎて、ファンの間では散々おもちゃにされたり、ネタにされていますw恐らく、作者もそういう盛り上がりを見越してああいったキャラ付けしている節があると思います。(少しネタバレになってしまいますが最近の本誌での鬼舞辻の扱い的に)

    また、とある場で私が鬼滅に関する不都合な点や整合性が取れていない点に関して指摘したら「そんな細かい事まで考えながら読むとかちょっと面倒くさい人だな」って作品が好きな方に言われたことがあるので、細かい欠点を無視して盛り上がるのが好きな方がいることに驚いたのと、もしかしたらファンの中にそういった方が多いからこんなに流行っている印象を受けました。

    今ではTwitterを中心にSNSが発達し、そこでの他人との感想の共有や一時的な盛り上がりやライブ感が重要視されて細かい所は無視・見ないフリというのが主流のようにです。鬼滅の刃は新時代の作品の楽しみ方を象徴するコンテンツだという結論が出ました。

    • ケイヤマ様

      おぉ結構冷静に分析してますね。
      女性の方は感情論をぶつけてくる方が多いので感心しました。

      >鬼滅の刃という作品が(爆発的に)売れた要因
      アニメ化(9.5割ufoのおかげ)

      >鬼滅の刃が人気な理由
      メディアによる大衆操作

      >そんな細かい事まで考えながら読むとかちょっと面倒くさい人だな
      批評なき作品は宗教と同じ

      >鬼滅の刃は新時代の作品の楽しみ方を象徴するコンテンツ
      来年再来年にはブームが去り、一部の人は黒歴史になると予想、そして同じ戦略は二度と通じない。

      私なりの見解を超簡単にまとめるとこんな感じですかね〜。

  • 私は20代半ばの女です。学生の頃からジャンプ愛読者でここ数年は忙しさにかまけて距離を取っていました。

    最近鬼滅の刃が話題になり「社会現象になるほど面白いなら!!」と久々にアニメも漫画も見てみましたがどうしてもハマれず…。
    周りの友人が鬼滅の沼に沈む姿を見つめながら「私はもうジャンプの客層ではなくなってしまったのか…」 と落ち込んでいたのですが、この記事を読み少し安心しました。

    主人公達の過去、柱達の過去、鬼の過去…皆それぞれ何かを背負ってこの場にいる。いや、わかる、わかるけど…!!!
    漫画だと一瞬だしコマの切り替えがグダグダで「だから何を伝えたかったの?」と置いてけぼりにされてしまうし、アニメだと隙を見つけては過去を振り返り長ったらしくお涙頂戴を迫られている気がして疲れてくる。
    かといってじゃあギャグシーンが面白いのかというとそうでもなく、ピーピーと喚いて喚いて喚き散らし笑い所が分からぬまま次のシーンへ切り替わる。
    全体的に緩急がない、そんな印象の漫画でした。

    BLEACHやNARUTOもそうですけど数年前にリボーンという漫画ありませんでしたか?
    あの漫画個人的には凄くバランスが取れていたなと思うのです。
    それぞれの思いや訓練に対する決意や努力、敵と対峙した時の緊張感、ギャグシーンのテンポ、どれも明確で分かりやすく飽きさせませんでしたし、ストーリーの展開やキャラクターの見せ方、技の演出がアニメも漫画もとても上手いなと思っていました。
    あれくらい緩急しっかりと表してくれないと読者として感情の持って行き場がない…。

    鬼滅の刃、きっと面白いんだと思います。
    ただ今のままだとどうしても受け入れられないので5年後くらいに誰か違う方でリメイクしていただけると楽しく読めるだろうな…なんて淡い期待をしています。

    • なんでもないや。様

      私もキャラの過去編好きなので、そのへんは特に残念でした。
      別に過去編をしっかり書いたからって引き伸ばしにはならないと思うんですけどね〜。

      ・宝くじで6億円当てた人の話

      ・フリーターが6億円貯めた話

      持ってる額は同じだけど「どっちの話が面白そうか?」「聞いてみたいか?」

      っていうとほとんどの人は後者を選ぶと思うんですよね。

      これもバックボーンがあるか?ないか?の差なので、やっぱりそのキャラがどんな道を歩んで、何を考えてきて、今があるのか?って大事だと思うんだけどな〜。

      • 鬼滅の刃を面白いと言われ、どんな話なのかを聞いたら。
        鬼がいて、鬼は味方を増やそうとしている!鬼は元人間で過去に色々ある!鬼の親玉は鬼をコントロールできると説明されて。あー、彼岸島やんそれって言ったら凄く怒られました。
        一応勧められたので一話だけアニメを見た感想としては、絵が可愛いすぎてちょっと無理やなーと(^ ^)
        後は、主人公がフェイントかけて斧を上に投げて時間差で落とした時は、正直失笑でした。そこはむしろ全力で斧を振りにいけよと!
        ただの村人Aの主人公がそんな高度なテクニックできるかと!笑
        長々と書きましたが、流行ってる理由がわからない漫画です。

  • マンニメさんの記事は、題名に対して、まさにその通りだと思います。
    本誌もリアルタイムで最新号まで追っていますが、なんか…なんかもう…
    今ストーリーはかなり間延びしている感じです。
    原作では攻撃が何がどうなってるのか全く分からず、アニメでやっとこれはこういう攻撃なんだ〜と分かるのでやはりufoは偉大です。笑

    噂によると、ジャンプナンバー1の主要キャラの死亡率も気になります。
    そんなに簡単にバンバンキャラクターを死なせないで欲しいと個人的には思います。
    キャラクターを死なせたら話題になる、みんなが衝撃を受ける、そう思っているのかな…?

    最近はジャンプもヒット作がなかったから、ここぞとばかりに持ち上げているのも気になります。
    このブームは去るまでちょっと離れたところで見守っておこうと思います。

    • ri様

      そうなんです。この記事のタイトルは「面白くない理由」なんですよね。
      この辺わかってない人結構いるので「読解力」の前に……。

      へぇ〜主要キャラの死亡率ジャンプNo.1なんですね。
      そう言われてみれば、ジャンプ作品は死をあまり描かないかも。(ジョジョとハンターハンターは別枠)

      もし死んだら話題にって作者が考えてるなら、読者を舐めすぎですね。

1 5 32

コメントする

※日本語が含まれていないコメントは投稿できません。(スパム対策)

目次